【お悩み】離婚後、前に進めません - 離婚問題全般 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【お悩み】離婚後、前に進めません

- good

夫婦問題 お悩み相談

こんにちは(^^♪

見えない気もちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

【お悩み】

 

離婚してだいぶ経つのですが(半年以上)、なんともいえない気持ちです。

 

失ってしまったということに囚われて、前に進むことが出来ません。

 

ありがたいことにずっと続けてきた仕事はあるので、打ち込んでみようと思ったのですが、仕事中はなんともないのに家に戻るともう何もかも失ってしまったんだという感じがして抜け出せません。

 

 

 


【お答えします】


「失ってしまった」という気持ち、とても辛いですよね。

 

精力的に働こうと頑張っても、家に帰るとまた喪失感に襲われてしまうのですね。

 

喪失感を克服するために必要なプロセスは、悲しむことなんです。

 

離婚後、しっかりと悲しむ時間を設けることができたでしょうか?

 

生活が大きく変わり、でもお仕事を含め日常は続いているので、バタバタと慌ただしく、なかなか内省的になることも出来なかったかもしれませんね。

 

今からでもいいですので、悲しむということにチャレンジしてみてください。

 

悲しみのほかにも、寂しさ、悔しさ、憤りなど、日常に取り紛れて置き去りにしてしまった感情があれば、それらも感じてみてください。

 

辛い感情を味わい尽くすと、フッと気持ちが楽になっていることに気づくときがきます。

 

そうなると、離婚という選択に対する捉え方が違ってきます。

 

その捉え方は、人によってまちまちですが、失ったというよりも

 

「役割が変わったんだ」

 

というような捉え方になる人が多いように思います。

 

そして失うだけでなく、取り戻したものもあるということに気づくかもしれません。


喪失感を克服するためとはいえ、悲しむというのは辛い作業です。

 

一人で悲しむのが辛いようでしたら、お友達に聞いてもらうのもいいでしょうし、お友達に知られたくないときには、カウンセリングをご利用になるのもいいかと思います。

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。


 

このコラムに類似したコラム

離婚問題の感情を。少し違った切り口で。 松本 仁孝 - 行政書士(2012/06/08 13:13)

「財産分与」で適正な金額にするには何が必要? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 10:43)

財産分与を決めるための手続は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 10:27)

財産分与を請求できる期間は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 10:26)

財産分与で知っておきたいこと(分与の対象は?) 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 10:19)