今こそ「備えあれば、憂いなし」!? - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今こそ「備えあれば、憂いなし」!?

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!

だいぶ暖かい日が続くようになりましたね。

ただ、気象庁によると、22日に早くも沖縄と奄美地方が梅雨入りとみられると発表がありました。

「早いなー」と思いますが、1951年の統計開始以来、3番目に遅い記録らしいですねー。

この辺りにも、異常気象の影響があるのかも・・・・・。


さて、「異常」といえば、原油の高騰が止まりませんね。

NY原油先物は、ついに過去最高値の1バレル=135ドル台にまで達しました。

要因としては、需給関係だけでなく、アメリカの経済見通しの下方修正を受け、ドルが売られたことも「買い材料」になったようです。


ただ、私が気になっているのは、期近(期間の短い)の先物価格ではありません。

今までは、“サブプライム問題”で、株式市場や不動産市場からあふれ出た余剰マネーが、比較的決済期限の短い先物に買いが入って、原油価格が高騰してきたわけですが、ここにきて超長期先物価格が上昇してきています。

16年物の先物価格は、142ドルにまで高騰し、期近の価格を上回りました。


さて、これは一体何を表わしているのか!?



期近の先物には、主にヘッジファンドなどの資金流入が中心でしたが、長期先物にはもともと中長期運用を目指す、年金資金などが買いを入れてきています。

目先の利益狙いでないだけに、原油価格の先高観はかなり強まっているといえるのです。


そして、この原油高などを背景に、日米欧の長期金利も急激に上昇しています。


このような世界的にインフレ懸念が高まってきてはいますが、日本の国内を冷静に見てみると、景気先行きが不透明で、個人の可処分所得が下落する中、「景気低迷下の物価高(スタグフレーション)」の懸念が一層高まってきているといえます。


さて、特に生活に根ざした「中長期安定運用」を目指す方、、、、


そろそろきちんと準備を行っておかないといけない時期となりました。


「備えあれば、憂いなし」


いつの世も、この“言葉”は変わりませんね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム