大手取引先とのやりとり - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大手取引先とのやりとり

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はテニスの日です。
一度だけラケットを振りましたが、見事に全部ホームランでした。

会計帳簿について書いています。
外部関係者として、今日は取引先を取り上げてみます。

大手メーカー辺りとの取引を新たに開始する場合、たまに

・直近の決算書を出して下さい

なんて要請をされることがあります。
課税庁でも金融機関でもないのに決算書を出せとは随分と強気だよなぁ…と思わされるやり取りですが、これもまた

・この相手は安心して取引を継続できるのか?

ということを判断するために会計帳簿を利用しています。

当然、安定的に利益を計上できている方が好ましいのは言うまでもなく。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

不正を働く理由(大きな会社の場合) 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/19 07:00)

金融機関が会計帳簿を気にする理由 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/20 07:00)

外部利害関係者を考える 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/16 07:00)

中小企業の会計に関する基本要領の手引き 近江 清秀 - 税理士(2012/06/04 08:00)

大企業の注記 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/06 01:00)