火災保険 見直し 家財盗難 外出先でも補償 - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火災保険 見直し 家財盗難 外出先でも補償

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
損害保険
ごく一般的な火災保険で「旅行先でカバンが盗まれた」様な状況にあった場合に補償されます。火災保険には、建物に保険をかける場合と、家財に保険をかける場合などがあります。その中で、建物のみに保険を掛けられている場合、今回は補償対象から外れてしまいますが、家財に保険をかけている場合は補償される可能性が十分ありますので確認して見ましょう。

●証券を見るポイント
1買っている保険に家財の保険がかけられているか?
2買っている保険が総合保険であるかどうか?
(例:住宅総合保険など)
3持ち出し家財に生じた損害を補償や、
持ち出し家財追加担保特約という言葉が入っているか?
上記3点を証券で確認頂き契約している場合は対象となります。

●どういった場合に補償されるか、条件について基本として、旅行等のため一時的に持ち出した家財が、日本国内の他の建物内において以下の事故により損害を受けた場合の損害額(注1)
注1:家財のご契約の保険金額×20%の範囲内で100万円が限度額
以下の事故とは
1火災  
2落雷  
3破裂・爆発  
4風災・ひょう災・雪災
5建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など
6給排水設備などに生じた事故による水濡れ
7騒じょう  
8盗難
火災保険は色々な場合に補償される保険となっている事が多くあるので一度確認してみてはいかがか?不明な点は代理店に問い合わせください。

その他情報はこちらをどうぞ↓
保険業界で頑張る社長のblog