夫への不信感でいっぱいのとき - 浮気問題・不倫トラブル - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫への不信感でいっぱいのとき

- good

夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

見えない気持ちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

夫に裏切られて、すごく、すごく傷ついてしまうのは、夫のことを信じていたからですよね。

 

裏切られて傷つくという経験をすると、自分を傷つけた夫に対する不信感を抱きます。

 

不信感は、私たちの心を守るためにあります。

 

信じたために傷ついたのなら、同じ辛さを二度と味わうことのないように、夫を信じないことで自分を守ろうとするんですね。

 


夫の裏切り・・・特に多いのが夫の浮気によって妻がズタズタに傷ついてしまったとき、妻側が抱える悩みのひとつに

 

「夫を信じられない自分が嫌だ」

 

というものがあります。

 

それは

 

「信じることが出来なければ、前へ進むことができない」

 

と思い込んで、不信感でいっぱいの自分を責めてしまっているからなんです。

 


でも、自分を責めすぎてしまうと、それもまた辛いので、今度は誰かのせいにしたくなります。

 

そのためでしょうか

 

「夫が私を信用させない」

 

というように感じる方は多いように思います。

 


また、信じるということを自然に芽生える感情や、外側からもたらされるもののように捉えている方も多いようです。

 

でも、「信じる」というのは、自分の意思によるものなんです。

 

信じたら、また傷つくかもしれない。

 

だから「不信感」で自分を守ろうとしているときに、夫を信じてみようという意思を持つのは、とても勇気のいることです。

 

信じなければ、傷つくことは回避できます。

 

でも、傷つく怖れよりも、夫を信じたいという強い意思が上回ったとき、人は自分を裏切り傷つけた相手を、もう一度信じることが出来るようになるのかもしれません。

 

ただ、大変なチャレンジですから、酷く傷ついたままでは難しいかと思います。

 

もし取り組むのでしたら、辛い気もちを吐き出して傷ついた心を癒してから、やってみましょうね(^^♪

 

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

 

 

 

このコラムに類似したコラム

どうして浮気するの? 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/09/01 17:00)

浮気した妻と修復中ですが、突然泣き出すのです。 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/07/01 18:00)

超イケメンの夫を持つ妻の心理 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/05/13 21:00)

モラル・ハラスメントの巧妙な手口 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/04/20 21:00)