誰のため?何のため? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

誰のため?何のため?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は占いの日です。
中国の易経とか、読んでいると中々面白いですね。

帳面について考えています。
まず大前提として


・この帳面は誰が、何のために使うのか?


ということを確認したいと思います。
実はこの問題は案外と広がりがあるお話です。
ここをしっかりと理解することが、会計という道具を正しく使えるようになる基本であり奥義と言っても良いかもしれません。


まず会計を時系列で考えてみたいと思います。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

会計は基本的に反省のための材料 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/09 07:00)

会計は道具 高橋 昌也 - 税理士(2011/03/11 10:03)

会計の利用方法 高橋 昌也 - 税理士(2011/03/07 09:00)

金銭感覚は身体感覚である 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/24 07:00)

税制の変更について 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/07 07:00)