景品表示法 広告検証 「2ヶ月でマイナス10kg」 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

エーエムジェー株式会社 代表取締役
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

浜田 智美
浜田 智美
(Webプロデューサー)
石川 雅章
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

景品表示法 広告検証 「2ヶ月でマイナス10kg」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
制作・クリエイティブ 薬事法・景品表示法に関する広告表現

景品表示法 広告検証
「2ヶ月でマイナス10kg」

ご質問内容
「最近、いろんなところで、以下のような広告をみかけます。
この内容は、景品表示法の観点より不当表示になる恐れは
ありますでしょうか?」

======
フィットネスジム
広告内容:
『2ヶ月でマイナス10キロ』
*注釈:N=50 根拠資料を元に、表記している
======

痩身系の表記をする場合、
景品表示法のガイドラインより、【合理的根拠】を事前に
有している必要があると規定があります。

上記の数値的な効果について、【合理的根拠】があるかどうか
というところが焦点となります。

●N=数について
50 という数が適切であるのか
⇒過去の実証例のすべてのN=数であるのか?
⇒成功事例のみを抽出して、表記していた場合、合理的根拠に
なりえない可能性が高まります
⇒過去の事例から相当数の方が、2ヶ月で10キロを痩せている
という根拠を示す必要あります。

*統計学から考えた合理的根拠の検証について
バックナンバーで解説済み。

消費者庁からのコメントでは・・・
(非公式ですが取材をしました)
マイナス10キロが平均値レベルでなく、より数値として高い
成功数を示さなければ、不当表示になる恐れがある


●その他の注意点
広告の表示に付随して、実際には、ジムのトレーニング以外に、
食事制限など、日々の制限や条件が有る場合、その内容も適切に
表記する必要がでてきます。

以上、
期間や数値を表記する広告表現は、
かなり精度の高い、合理的根拠を有する必要があり、
ひとつ間違えると、【不当表示】となりえる危険な表現となります。

 

 

広告の作り方メールマガジン メールマガジン登録

http://aksk-marketing.jp/mailmagazine.html

エーエムジェー株式会社

http://aksk-marketing.jp

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(クリエイティブディレクター)
エーエムジェー株式会社 代表取締役

通販広告・店販広告を全面的にサポート

TV・ラジオにて累計2000回以上の通販番組を担当。通販において豊富な知識と実績を有する。通販や店販に欠かせない「薬事法」や「景品表示法」に深く精通しており、法律を守りながら広告として成立つ「シズル感のある広告表現」を得意としている。

カテゴリ 「制作・クリエイティブ」のコラム

このコラムに類似したコラム

来年度導入の機能性食品 商品企画・開発の選択肢 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/08/02 14:48)

薬事法・景品表示法・健康増進法・機能性食品セミナー2014年9月4日(木)お申込受付中 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/07/08 14:20)

薬事法・景品表示法・健康増進法・機能性食品セミナー2014年9月4日(木)開催 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/06/17 14:40)

景品表示法 合理的根拠資料の作り方 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/05/31 15:16)

来年度以降の導入で進められている「機能性食品」科学的根拠について 赤坂 卓哉 - クリエイティブディレクター(2014/05/19 17:43)