夫婦仲を悪化させる「お金の価値観」 - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

中西 由里
ふぃ~めぇる・みしま 
静岡県
夫婦問題カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫婦仲を悪化させる「お金の価値観」

- good

夫婦問題 DV・モラハラ・浮気

こんにちは(^^♪

見えない気持ちをビジュアル化する夫婦問題カウンセラー:中西由里です。

 

 

夫婦にとっての究極の選択は、「愛」をとるか、それとも「正しさ」を貫くか。


愛と正しさ、どちらも手に入れることは、とても困難です。 

 

「正しさ」というのは本当に正しいかどうかではなく、自分にとって正しいかどうか。


私たちが「価値観」と呼んでいるものだと思ってくださいね。

 

 

価値観の材料となるものは、きっと


「幸せになりたい」

 

とか

 

「嫌な思いをしたくない」

 

というものだろうと思います。

 

 

私たちが自分の価値観にこだわりを持ったり、人に押し付けたくなるのは

 

・それを手放してしまったら失敗してしまいそうで怖い


・それを手放してしまったら、幸せが遠のいてしまいそうで、怖い


という思いが強いから。


それほど大切にしたいものなんですよね。

 


この価値観の違いが夫婦の問題を引き起こすことは、とても多いです。


とくに「お金の価値観」の違いは生活にダイレクトに影響するだけに、夫も妻もお互いに譲れない思いが強くなってしまうんです。

 

価値観の違いに躓くと、どちらの言い分が正しいかという「正しさの競い合い」をしたくなります。


でもそれではパートナーを敵視することになりますし、勝敗がつけば、夫婦でありながら一方は勝者、一方は敗者になってしまうんです。

 

お金に対して、比較的自由な価値観を持っている夫は、もしかすると「今、このとき」を大切にしたい人なのかもしれません。


それに対し「将来」を大切にしたいと考える妻は、計画的に貯蓄したり、家計をきちんと管理することこそが正しいと考えることでしょう。

 

夫にとっても、妻にとっても、自分のやり方こそが正しい。


でも、もし正しさを追求してしまうと、夫は妻の管理を


「束縛されているようで、窮屈だ」


と感じるかもしれませんし、妻は夫のお金の使い方を


「無計画で、先が思いやられる」


と感じ、将来を悲観してしまうかもしれません。

 

 

「愛か正しさか」の「愛」は、「信頼」と考えてもいいかもしれません。


あなたは、パートナーのやり方を信じ、パートナーに任せることができますか?


「とても任せておけない」


と感じるとしたら、それは相手のことを信頼していないから。


相手のことを信頼することができれば、自分が何とかしてあげなければと必死になる必要もありません。

 

あなたには、あなたの、パートナーには、パートナーの大切にしたいものがあって、それをじっくりと時間をかけて、融合させ、ふたりで大切にしたいものを作っていく。

 

そうやって、ふたりの価値観を作ることができれば、自分の価値観を押し付けるために相手に勝とうとする必要もなくなるんじゃないかと思います。

 

 

すべての女性をヒロインに

ふぃ~めぇる・みしま 代表 中西由里 でした。

このコラムに類似したコラム

夫が常識では理解できない!深刻な夫婦の溝はアスペルガー症候群が原因かもしれません 堀江 健一 - 恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー(2015/10/08 13:40)

【円満夫婦の特徴】夫が今すぐ出来る簡単なこと 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/15 19:00)

妻が一生根に持つ夫の言動 高草木 陽光 - 夫婦問題カウンセラー(2014/11/10 19:00)

うそつき夫!? 小林 美智子 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/28 15:06)

男性は夫婦問題を、解決しようとすると解決しません! 小林 美智子 - 夫婦問題カウンセラー(2014/10/17 17:37)