ライバル店のPLを作ってみよう - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ライバル店のPLを作ってみよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般



ある日、あなたの店の近くにも、ライバル店が進出してくるかも知れません。
もうすでに、あなたの店の近くにライバル店がオープンしてしまっているかも知れません。

それを、ただ脅威とばかりに恐れていても仕方がありません。
売上げが減少している言い訳をしていても仕方がありません。

そろそろ反撃に移りましょう。

では、まずは、何をするか?
最初にすべきなのは、「敵を知ること」です。

どんなお客様が利用されているか?
何が売れているか?
どれくらい売れているか?
QSC(品質・サービス・清潔さ)のレベルはどれくらいだろうか?
販促策はどの様なものを実施しているんだろうか?
駅からの距離は?動線は?
人の集まる場所から看板は見えるか?
客席数は?
強みは何だろうか?
弱みは何だろうか?

色々な観察ポイントがあります。
でも、これだけでは未だ足りません。
あなたには、このような調査をしながら、一枚の推定データを作成して頂きたいのです。

それは、「ライバル店のPL」です。
PLとは、損益計算書。売上げから経費を引いて、最後にどれくらいの利益が出ているか?と言う財務諸表です。

調査と観察により、そのPLを作成するのです。
売上げ、食材コスト、人件費、営業経費、水光熱、家賃、建設投資の金利と償却・・・観察から推定してしまうのです。でも、この推定が大事。思い込みでは無く「観察」をしっかり行って「計測」するのです。
家賃は、不動産屋に行って相場を聞けば教えてくれます。

推定PLを作成すると、相手の弱点は見えてきます。
忘れてはならないのは、相手の売上げは、あなたの店のインパクトを受けているのです。もちろんあなたの店も相手からインパクトを受けていますが、相手もまた同様であることを忘れてはいけません。

相手もあなたの存在が脅威なのです。
その脅威の相手もあなたの店の「PL」を見たがっています。

相手もあなたのことを恐れているのです。
だから、相手よりも先に一歩でも優位に立つことが戦いに勝つ秘訣です。

さあ、ライバル店の推定PLを作成してみましょう。
きっと、面白いものを見つけることが出来ますよ。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム