希望で予想はせずに調査で予測をしましょう - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

希望で予想はせずに調査で予測をしましょう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 




売上げは、客数×客単価です。
これは誰でもわかっていることです。
そして、客数は、営業時間と客席数に、大きく影響されます。
あたりまえですよね。これも誰でもわかります。

でも、このあたりまえを無視して、非常に小さな店を作るケースがあるのです。
テイクアウト専門店、もしくは売上げの半分以上はテイクアウト、と言うような店の場合は別ですが、一般的には、客席数で売上げの上限は決まってしまうのです。

もちろん、商圏のニーズ以上の大きい店を造っても、コストが掛かるだけで意味はありませんが、商圏ニーズがあるにもかかわらず、小さなお店を造っても、そこから得られる売上げには限界が生じてしまうのです。
原則、キャパシティ以上は売れないですからね。
テイクアウトや通信販売があるのならば良いのですが、イートインだけで勝負するのならば、キャパシティは塾考に塾考を重ねねばならない重要なファクターなのです。

でも、このあたりまえを、予算が無いと言う理由や、好立地の物件に心奪われた結果、無視してしまう経営者が多いのです。全然ダメです!
全ての時間帯で、満席が続き、短い滞在時間で高い回転数を誇るのならば、未だ良いでしょう。
そうでは無いのならば、この計画には無理があることに早く気がつく必要があります。

物件に心が奪われることはよくある話です(笑)
しかし、ここは冷静に考えなくてはなりません。

売上げ=客単価×客席数×満席率×回転数 なのです。

基本的には、これ以上は売れないのです。
この予測法のポイントは、滞在時間、回転数、時間帯ごとの客数・・・これらの予測を精度高く行う事です。
決して、思い込み+希望&願望で客数予想はしないで下さいね。

私がおすすめする方法は、同じ商圏内の類似業態店に対する定点観察です。
とにかく、平日土曜日曜・朝昼晩など色々な時間帯で、客層・注文メニュー・滞在時間などを観察するのです。
このベンチマークをどれだけ真剣に行うかでリスクを軽くすることが出来るのです。
年間の売上予測は、これを営業時間数×265日分のシミュレーションをやって積み上げるのです。

高いお金をかけて店を出店するのですから、事前の調査は出来る限り時間をかけて行いましょう。

投資 vs キャパシティ vs 売上げ

そして、この関係性をじっくりと考えて出店計画を練りましょう。
だって、絶対に失敗は出来ないのですからね!!

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

外食をしたらその店の売上げを推定してみよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/01 07:29)

【最幸ビジネスモデル】自分のやり方で生きる。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/06 07:48)

【最幸ビジネスモデル】土台づくり。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/10/02 10:20)

「お客様満足」って何の為? 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/05 06:00)

相手の為に真剣に考える・・その姿勢が相手を本気にさせるのです 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/04 06:00)