家の顔「玄関」−飾り棚 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家の顔「玄関」−飾り棚

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
Wakaba-House
Wakaba-Houseの玄関を振り返って見たところ(左写真)です。

玄関入って右側には、中間に飾り棚を設けた靴箱があります。
クライアントから「玄関にちょっとした飾り棚がほしい」という要望はよくいただきますね。
Wakaba-Houseでも、クリスマス・お正月・新緑など季節ごとに飾るものを変えられて、このスペースを楽しまれているようです。季節感の感じられるしつらえは、小さいお子さんにもとても喜ばれますよね。上部にくみこまれた照明によりそれらを照らすと、玄関がよりいっそう素敵に演出されると思います。
また、靴箱を床よりちょっと浮かせて、床面の広がりが感じられると共に、下にも靴が入るようにしました。その隣には全身が映る鏡をはり、その上部には来客用のコートフックがあります。

ドアにはIKON社の丈夫な補助錠を付けました。レンズでおなじみのカール・ツァイス社の傘下に設立された会社です。ドアの室内側は塗装をし直し、空間になじむようにしました。

玄関正面の扉の中には、給湯機(この家はオール電化なので電気温水器)が入っています。(右写真)
横並びに空いている穴は手掛けを兼ねた換気穴で、内部で発生した熱を抜く役割を持っていますが、家に入って最初に見える印象的な風景ですので、空間に調和するよう、水平に連続感をもたせたデザインにしました。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「Wakaba-House」のコラム

バスルームの換気窓(2008/08/24 12:08)

水面が光る白いバスタブ(2008/08/15 23:08)

木製便座とコルクタイル(2008/08/08 23:08)

2人並んで洗面(2008/07/31 00:07)

光の陰影(2008/07/21 21:07)