国外財産調書制度は外国人でも対象になる場合があります - 税務相談・書類作成 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国外財産調書制度は外国人でも対象になる場合があります

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 税務相談・書類作成
外国人と税

【外国人と税編-9:国外財産調書制度は外国人でも対象になる場合があります】

国外財産調書制度が、平成25年度から始まっています。
具体的には平成25年12月31日時点で国外に5000万円を超える財産を保有する
方は、翌年の3月15日までに国外財産調書を税務署に提出しなければなりません

概略は、国税庁の下記URLでパンフレットをご覧ください
制度の概要が簡潔にまとめられています

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hotei/kokugai_zaisan/pdf/01.pdf


この制度の適用に当たって適用対象者の定義がわかりにくいという質問が
多くありましたのでここで再度確認しておきます。

注意すべき点は、必ずしも日本国籍を有していない方でもこの制度の適用
対象になりうるということです

この制度の適用対象者は
『非永住者を除く居住者』という定義の中の『非永住者』の定義がポイントと
なります。『非永住者』とは、

・居住者で
・日本国籍を有しておらず
・過去10年以内において国内に住所又は居所を有していた期間の合計が
 5年以下である個人

と所得税法で定められています。

さらに居住者とは、
『国内に「住所」を有し、又は、現在まで引き続き1年以上「居所」を有する個人』
と所得税法で定められています。

つまり、過去10年間のうち日本国内での居住期間が合計で5年を超える
外国籍の個人が、国外財産調書制度の対象になるということです。

『合計で5年を超える期間』とは、例えば過去10年間で直近は4年しか日本で
生活していませんがそれ以前に2年間日本で生活したことがある場合も
該当します。

この国外財産調書制度の不提出・虚偽記載については
1年以下の懲役又は50万円以下の罰金の罰則規定が定められています

国外財産調書制度の適用に当たっては、十分にご注意ください


制度の詳細については25年6月25日に改正された
『内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律
 (国外財産調書関係)の取扱いについて(法令解釈通達)』に記載されています

この通達については、下記URLでご確認ください
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hotei/130329/pdf/01.pdf


法人設立について下記URLのHPからご予約のうえご相談に来ていただいた方
全員に

『儲かる会社のはじめ方 会社設立』を無料プレゼントします
http://www.oumi-tax.jp/


この記事以外にも、下記URLのALL ABOUT JAPANに私のコラムの
書込みをしていますのでご覧ください

http://profile.ne.jp/pf/oumi/c/

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 中小企業経営力強化支援法の認定経営革新等支援機関
 として認定されています
 
  近江清秀公認会計士税理士事務所(法人税専門HP)
 http://www.oumi-tax.jp/

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
  http://www.marlconsulting2.com/
  近江清秀公認会計士税理士事務所(相続税専門HP)
 http://www.kobesouzoku.com/
 
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi/
  マイベストプロ神戸のページ
 http://mbp-kobe.com/kobe-souzoku/
  神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「外国人と税」のコラム

このコラムに類似したコラム