大人のきれい字 実技編「残」の楷書体と実用つづけ字(行書体) - 字の練習 - 専門家プロファイル

実用手書き塾 (有限会社 彩華 書写指導部) 代表講師
兵庫県
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:書道・習字

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大人のきれい字 実技編「残」の楷書体と実用つづけ字(行書体)

- good

  1. 趣味・教養
  2. 書道・習字
  3. 字の練習
大人のきれい字書き方講座 実用基礎コース 楷書編

こんにちは 今井淑恵です。

8月23日と24日は各地で「地蔵盆」の行事があり、私の住んでいる
神戸でも毎年行なわれていますが、特に近畿地方で盛んのようです。

子どもの神様「お地蔵さん」は、子どもたちが楽しみにしている行事。
何より嬉しいことはお供えのお菓子のおすそ分け。手持ちの袋に
あふれそう、満足げな顔が見ていて可愛いです。


今年も残暑は厳しいですが、地蔵盆を過ぎた頃から朝夕には虫の音が
聞こえてくるようになり、秋の気配を感じるようになってきます。


きょうの書きコツは「残」、あれこれ!表現は「残る」にいたしましょう。

楷書の他、ちょっとつづけ字(行書体)も画像を参考にご覧ください。

 

 ………………………………………………………………………………
  今井淑恵の《大人のきれい字 実技編》-書きコツ画像付き-
  今週の書きコツはこちらから ↓↓
   http://www.penmanship.jp/mailmagagine/refer103.htm
 ……………………………………………………………………………… 

 「残」の部首は「いちた」、ほかに「がつ」「かばねへん」ともいいます。

 同じグループには、死、殆、殖、殊などがあります。


【書きコツ-1】

 左側「いちた」の1画目は「ななめ上」、つづく「タ」の2画目も「ななめ 上」に書きます。

 「タ」のハライはゆったりと、全体の述部に対して天地に余裕をもたせるの がポイントです。


【書きコツ-2】

 右側つくり「三」の横画はななめ上に、アキを均等にとりましょう。


【書きコツ-3】

 右ななめ下に引く線は、しなりをつけて力強く書きます。

 一度止まってから、ハネる方向は外側ではなく、次の点画を意識して丁寧に ハネ上げます。

 最終の点は、やや高めの位置に打ちましょう。

 

  それでは、画像で確認 ↓↓   
   http://www.penmanship.jp/mailmagagine/refer103.htm

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ビジネススキル講師)
実用手書き塾 (有限会社 彩華 書写指導部) 代表講師

きれいな字がスラスラ書けたら……が、本当のことになります

大人のきれいな字の書き方の「コツ」がわかります。「美文字の代筆・創作」会社を設立、運営して24年。私のKnow-howを惜しみなく公開。特許取得の「文字座標軸」と「5つの文字バランス法」で手書きが苦手でも美文字がスラスラ、本当の書写力が身につきます!!

カテゴリ 「大人のきれい字書き方講座」のコラム

このコラムに類似したコラム

いろいろな世界 山田翔光 - 書道講師(2013/05/01 18:00)

夢ロゴアート作品展はじまりました 山田翔光 - 書道講師(2013/04/01 17:47)

のび~る筆ペン 山田翔光 - 書道講師(2013/02/18 17:54)

今日の夢ロゴ 山田翔光 - 書道講師(2013/02/08 11:09)

嬉しい訪問者 山田翔光 - 書道講師(2013/02/05 18:06)