「7月の貿易収支 1兆円の赤字!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「7月の貿易収支 1兆円の赤字!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
お金の基本

こんにちは!

 

今日は、二十四節気では「処暑」で、暑さが峠を越えて後退し始める頃といわれています。が、まだまだ暑さは、全開モード。

もうひと踏ん張り、頑張りましょう!

 

さて、財務省の発表によれば、7月の貿易収支の赤字は、“1兆239億円”となり、前年同月比で、何と93.7%の増加となりました。

これで、貿易赤字は、13か月連続です。

猛暑の影響で、原油や液化天然ガスの輸入額が膨らんだと共に、為替が昨年に比べ2割以上「円安」となっているのが、最大の要因です。

 

輸入額は6兆9859億円で19.6%増加しました。

それに対し、輸出も米国や中東向けの自動車などが伸びたため、12.2%増の5兆9620億円となりました。

ただ、外貨建て取引の比率が、輸入が8割に対して、輸出が6割のため、為替が「円安」になると、その分、輸入額が膨らむ傾向があります。

 

今後のエネルギーの需給関係と、為替の先行きを考えると、貿易赤字は“慢性化”することとなりそうです。

そうなると、あとは企業や個人が、国外で所得収支を稼いで、経常収支を「黒字」にしていくしかありません。

 

財政収支(税収)問題も、社会保障問題も含め、日本国を維持していく“姿”を、国民が一体となって、しっかりイメージしていくことが、これからは大切であると言えるでしょう。

 

では、今週も穏やかな週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「FX取引 5524兆円に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/05/20 12:00)

「過去最高 6兆9273億円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/01/26 14:18)

「世界経済から読み解く相場動向の行方」藤巻健史氏(楽天新春セミナーより) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/23 09:00)

「日銀、追加金融緩和策発表!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/12/22 16:26)

海外債券は本当に高金利・儲かるのか、確認ください 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/28 10:00)