事業を保てる規模の売上 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業を保てる規模の売上

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は数年前の衆議院選挙があった日です。
あれより数年、当時の第一党がここまで弱体化するとは。

売上について紹介しています。
特に小規模企業について大切な感覚を重視して書いています。
売上規模と対応力について紹介しました。
次は事業分野と売上の規模について。


例えば私がこれから開業を考えている方とお会いするとします。
どんな事業をしたいのか、内容を色々とお聴きします。
話を聴き終えた時点で

・多分この仕事だと想定される売上規模はこれくらいかな
・経費はこんなのがかかって、大体この程度の利益幅かな
・だとすると必要な資金量がこれくらいで、場合によっては融資受けるかな

こんな辺りのことがなんとなく思い浮かびます。
(おそらく多くの税理士がこの肌感覚は持っています)

このときに想像される売上規模は、その事業を継続するのに必要な数字です。
例えばどれほど実入りの良い商売でも、年間1,000万円程度の売上がなければ継続は難しくないですかね?といった辺りです。
(もちろん例外はありますが)


利益うんぬんは、売上規模がある程度になってから初めて重視されます。
「会計で一番重要なのは利益です」という言葉からはわからない、小さな会社を続けるためにとても大切な感覚です。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

ものは使いようです(2016/12/11 07:12)

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

このコラムに類似したコラム

事業形態の変更について 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/11 01:00)

税制の変更について 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/07 07:00)

内容に対する理解が必要 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/06 07:00)

形にするのは簡単・・・なのですが 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/04 07:00)

税理士は秘密の共有者である 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/01 07:00)