長期的に商売したいなら信用が第一 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長期的に商売したいなら信用が第一

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は民法放送開始の日です。
民法、公共問わず、テレビをほとんどみなくなって数年です。

売上について考えています。
利益を重視する考え方の傾向その2として。
独断と偏見に満ちたお話ですので、話半分に読んで下さい。


どうも最近、信用力というものが商売において軽んじられているのではないか?と。
例えば私のお客様の中にも、大手企業とお付き合いしている方は多数います。
お客様と大手企業とのやりとりの中で

・うちも最近は厳しいんで、値下げするから
・見積もり出して、こっちで審査するから

こういった口調の担当者が増えたように感じられるそうです。
で、そういう大手企業がそれこそテレビCMで

「高い技術力を活かし、人を活かし、社会を良くします!!」

とか声高に言っているわけです。
私がテレビを見なくなった理由の一つは、そういう大手企業の二枚舌が嫌いだからです。

昨日の短期目標が過ぎる、という話にも関わりますが。
長期的に商売をしたいなら何よりも信用が大切です。
どうも大手企業自ら、自社の信用力を貶めるようなやり取りが最近多すぎないか?と強く感じます。


繰り返しますが、利益は本当に重要です。
これがなければ企業は、ひいては社会が回りません。
(少なくとも資本主義社会においては)

ただ、どうも利益の重要性が近視眼的に捉えられているように感じます。

そこで改めて、売上の重要性について。
利益率とかそういうことを抜きにして、売上を増やすとどんなことが起こるのか考えてみます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

三ヶ月で成果を出せって言われてもなぁ 高橋 昌也 - 税理士(2013/08/27 07:00)

改めて、好きなことを仕事にする 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/31 07:00)

事業の状況などによって、長期間契約も 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/03 07:00)

みんなで投資をしようよ、という後押し 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/24 07:00)

貸付期間 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/09 10:00)