「女性の就業率 34か国中24位!」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「女性の就業率 34か国中24位!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、先日OECD(経済協力開発機構)が、加盟34カ国の雇用情勢をまとめた「雇用アウトルック2013」を公表しました。

それによれば、日本の25歳から54歳の女性の平均就業率は、“69%”とのことです。

この数値が高いのか、低いのかということですが、OECD加盟国中24位とのことなので、国際的には、高い数値とは言えないようです。

女性の就業率が80%を超えている国は、オーストリア、スイス、スウェーデン、ノルウェー、アイスランドなどとなっています。

 

それでも、2000年の同調査よりは、日本は「5.6%」就業率が上がっています。

現在、国内では、“アベノミクス”の成長戦略の第1弾として、「再生医療」「雇用」「女性」に絞った施策が発表されています。

「女性」に関しては、現在の日本で働く女性の約6割が出産を機に離職することから、女性の子育て支援を充実させ、女性が働きやすい環境をつくる必要があるとしています。

具体的な施策としては、

1.児休業期間を子どもが3歳になるまで延長する

2.出産後の職場復帰策に取り組む企業を助成金や税制優遇で支援する

3.待機児童解消に意欲的な地方自治体の取り組みを支援

などが挙げられています。

いずれにしても、上記の施策を含め、“実効性”の高い手を打ってもらいたいところです。

女性も含め、国民一丸となって経済成長に取り組まないと、日本の「財政立て直し」は厳しいのが現状ですので。

頑張りましょう!

では、今週も平和で穏やかな週末となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「男女平等指数 104位!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/11/07 13:15)

女性の活躍、ガラスの天井まだ厚く 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/10/11 09:00)

いよいよ2本目の矢(財政出動)が放たれた 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/16 08:29)

50年後の女性の平均寿命90.93年!? 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/03 17:00)

出生率1.39 回復足踏み 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/19 11:58)