相続放棄ができる期間 - 法律手続き・書類作成全般 - 専門家プロファイル

安井 大樹
司法書士安井事務所 所長
東京都
司法書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

折本 徹
折本 徹
(行政書士)
折本 徹
折本 徹
(行政書士)
小平 直
(行政書士)
吉田 美如
(行政書士・メンタルケア心理士)

閲覧数順 2017年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続放棄は一定の例外(※)を除き、原則的に相続人が相続が起こったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きをしなければなりません。
家族や親戚などの身内が亡くなった後の3ヶ月というのは、いろいろとやるべきことがあり、決して余裕のある期間とはいえないでしょう。
相続放棄しようと思ったときには既に3ヶ月を経過してしまっていたということは現実的によくあることです。
相続放棄する場合はできる限り早めに手続きをしたほうがよいでしょう。


(※)相続人が相続財産が全くないと誤信し3ヶ月を経過した場合で、その誤信に過失がなかったときは、相続人が相続財産の全部または一部の存在を認識したときから3ヶ月以内に手続きをすればよいという場合もあります。

 

【司法書士安井事務所運営サイト】

→司法書士安井事務所HPはこちら

→相続登記相談室はこちら

→会社登記・法人登記相談室はこちら

このコラムに類似したコラム

遺留分に注意しましょう 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 09:03)

相続放棄の具体例と注意点 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 09:00)

相続放棄とは 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 08:57)

相続登記に必要な書類 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 08:42)

千葉県松戸市の高島司法書士事務所のご案内(その2) 高島 一寛 - 司法書士(2013/06/06 15:59)