できる!ビジネスパーソンになる - 社内教育・自己啓発 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
長谷川 進
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

できる!ビジネスパーソンになる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 社内教育・自己啓発
プロとして生きる! キャリアを磨こう

自分の表情が、「何」を相手に「語っている」か?

気を配ったことはありますか?

特に、自分にとって「嫌なこと」「不快なこと」が起きた時、

すぐに、心をクリアして。

表情につながる一瞬を制することができていますか?

言葉は「ああどうぞ!」と譲っていても、

目線が鋭くなる。

口元が下がる。

身構える。

など、体で自分の思いを伝えてしまう人たちは、

残念なことに、それに気づいていないので、

初対面での「良好な人間関係」が築けません。

例えば、

影響力の強い人と話しているところに、

初めての挨拶に来た人が、会話を遮って挨拶を始める時。

当事者同士は、名刺を交換することに専念しているので気づきませんが、

誰か紹介者がいて、紹介者はその様子を眺めている時は、要注意です。

もちろん、割り込みは、ビジネスマナー違反ですが、

だからといって、「今は自分が話しているんだから、割り込むな!」と、

紹介者に語ってしまうような表情や振る舞いは、

印象を悪くするだけで、なにも他に得るものはありません。

むしろ、「自分が話をしている相手は、

他にも紹介されたくなるほど人気がある人だ。

どんどん、紹介されたらいいな!」と思えるようになれば、

それが表情を通して周りに伝わるから、

「失礼しました!」と、敬意を払ってもらえるようになるのではないでしょうか?

ちょっとした自分への気配りです。

どうぞお忘れないように。

この週末は、「自分への気配り」について、考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

逃げたい日もある(2016/12/08 10:12)

苦手な人との距離の取り方(2016/12/06 10:12)

「目を養おうよ!」(2016/12/05 16:12)

人生の基本は・・・(2016/12/04 09:12)

このコラムに類似したコラム

営業担当者としての第一印象の重み 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/06/19 11:25)

花開け 竹内 和美 - 研修講師(2013/12/10 08:55)

新人研修の季節 下田 令雄成 - 経営コンサルタント(2013/04/08 00:51)

ほんとうに それを望んでいるのは だれ? 竹内 和美 - 研修講師(2013/03/30 16:35)