コンプライアンスの言葉 -「人間」 (コンプライアンス用語集) - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年06月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンプライアンスの言葉 -「人間」 (コンプライアンス用語集)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

皆さんは「人間としてのコンプライアンス」って知っていますか?
「人間としてのコンプライアンス」というのは以下のことです。

◆ コンプライアンス違反の原因を規則やマニュアルのせいにしない。
コンプライアンス対策の根本を仕組みやシステムに置かない。
そして、
コンプライアンス違反の原因を「違反者本人」「違反者をとりまく人間」から見つけ出そうとする。
コンプライアンス対策の根本を「社員の意識」「社員の行動」に置く。

・・・・そういう見方でコンプライアンスを捉え、コンプライアンス対策を行い、コンプライアンス経営を実現させていく、という立場に立つことを言うのです。

********************************************
オリンパス問題が世間をにぎわせています。

オリンパス問題の原因は何か?
◆「違法行為をした人」がそれを「隠した」から問題が起こったのです。
◆「違法行為を知っていた人」がそれを「隠した」から問題が起こったのです。

(中略)

★ オリンパス問題の根本原因は制度や仕組にはありません。
★ オリンパス問題の根本原因は「嘘」にあるのです。

★ オリンパス問題の本質はガバナンスや監査にはありません。
★ オリンパス問題の本質は「人間」にあるのです

(出所) オリンパス問題の原因とオリンパス問題の本質 http://profile.ne.jp/w/c-62293/
********************************************

コンプライアンスは法規や法律の問題である前に、人間の問題です。
そういう立ち位置からコンプライアンスを考え、実践することが「人間としてのコンプライアンス」なのです。


(中沢努 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 「コンプライアンスを少しだけ深く考えてみる」から抜粋)

コピペご遠慮下さい
    無料利用の方法 http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 



お昼休み プチコンプライアンス講演会 「cmp 001(シーエムピー ゼロゼロイチ)」 
 ランチの合間にふらっと気軽に立ち寄れる。
 事前申し込み不要、当日参加OK、途中入場/途中退出可、無料。
 6/21、6/22、他  (継続実施、日程随時追加)
 詳細は http://profile.ne.jp/w/c-183886/


【不祥事で報道された企業、及び、報道されなかったが不祥事が起こった企業へ】

1.【変えます】
 ◆ 「規程はあったが起きた」 から 「規程があったから起きなかった
 ◆ 「マニュアルはあったが起きた」 から 「マニュアルがあったから起きなかった
 ◆ 「研修をしたのに起きた」 から 「研修をしたから起きなかった

2.【そのために話します】
 ◆ 再発防止の秘訣 http://profile.ne.jp/w/c-178725/
 ◆ 弊社の考え方 http://profile.ne.jp/w/c-178732/ 

3.【ソリューションの例】
 ◆ 企業が数字を追うのは必然 http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_staff.html
 ◆ 部下に規則を守らせたければ http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance.html
 ◆ どうすれば社長役員の暴走を抑えられる http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html

4.【他社では絶対得られません】
 不正再発防止-[人間の視点]から調査・教育・コンサルティング行います。
 お問い合わせ下さい。 http://www.pensee.co.jp/


<本コラムをご覧の全ての企業、全ての個人の方へ-大切なお願い>
 ◆このコラムを含め 弊社の表現物を社内で利用したい時は、ご相談をお願いします

  理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 

【コンプライアンス資料】(400件超)
 http://www.pensee.co.jp/archive/index.html


<その他>
・コンプライアンス違反の背景、違反組織の特徴、他 http://www.cmp-akademeia.jp/ 
・コンプライアンス違反者の心理、違反を招く行動例、他 http://www.cmp-akademeia.jp/2nd/index.html
・コンプライアンス強化術 http://www.cmp-akademeia.jp/3rd/index.html
・コンプライアンス違反事例 http://www.cmp-akademeia.jp/4th/index.html
・コンプライアンス理解の秘訣 http://www.cmp-akademeia.jp/5th/index.html
・コンプライアンス違反をする人ってどんな人? http://www.cmp-akademeia.jp/6th/index.html

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ コンプライアンス研修資料 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

【大切なお願い】
弊社コラムを社内で利用したい時は、ご相談をお願いします

理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 

【お問い合わせ】
コンプライアンスコンサルティング、コンプライアンス研修、コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ )

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

このコラムに類似したコラム

「コンプライアンスごっこ」と「本当のコンプライアンス指導」の違い 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/19 00:24)

コンプライアンス講演会のお知らせ (日程随時追加) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/14 03:00)

コンプライアンスに「具体的なルール」は不要 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/13 17:00)

社員を「コンプライアンスを守る人」に変えるには 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/12 08:00)

コンプライアンス、人と仕組みのあいだをつなぎます。 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/05 14:00)