投機とは美人コンテストの投票 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

前田 紳詞
代表取締役
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投機とは美人コンテストの投票

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
ファイナンシャルプランナーが教えるシリーズ 役に立つ”偉人達のお言葉”
経済学者として有名なJ・M・ケインズは投資家としても一流でした。

株式投資で自分の在籍する大学の資産を大きく増やした程です。

そのケインズのお言葉が

投機とは美人コンテストの入賞者当てゲームの投票みたいなものだ


です。

当時の英国では新聞社が定期的に美人コンテストを実施していました。6人の女性が写真入りで紙面に掲載され読者は一番美人を当てるというものです。当たると豪華賞品がもらえます。

自分が一番美人だと思う女性を選ぶでしょうか? 実際には、投票する人達が1番だと思う女性に投票した方が当選する確率は高くなります。

常に人の考えを気にして自分が美人だと思う人には投票されなくなります。皆がウラを読み続けることになります。

投資とは本来、成長性に期待するものですが単なる美人コンテスト化すると”バブル”が発生します。これが投機です。

少し前までBRICS人気が起こり、新興国への投資を積極的にするようになりました。
ブームが始まってから投資をした人達はある意味、美人コンテストに参加したのかもしれません。

今、新興国マーケットはどうなっているかというとピークから3割〜7割下落しています。

”儲ける”ためでなく”増やす”



を目的とした投資を考えている方は、ブームやその後の落ち込みに惑わされず安定的な運用方法を考える必要があります。