大型店も大きさゆえに自滅します - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大型店も大きさゆえに自滅します

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 「同じ街で営業している大型喫茶店があるかぎり、出店しても勝ち目はありません」 これから起業を目指す業種の大型店が同じ街にあっては、簡単なことでは敵いっこありません。ただいつまでも、大型店が今の状態のままで多くのお客さんを集めるかと言いますと、そんな単純な話でもありません。

 話が少し飛躍しますが、マンモスの悲劇という話があります。この地球上で、最も巨大で最強の生き物と言われたマンモスは、その大きさゆえに身動きが取れず、地球の変化に対応できずに消滅しました。巨大な動物は、大量の食料を必要としますから、生息頭数が増え続けますと自滅する運命にあります。

 最強企業のアップルが、2期連続で売上げが減少しているニュースを見て、巨大な企業はその巨大さゆえに、動きが取れなくなる運命を考えました。党勢を一気に大きくした自民党も、今は安倍首相の意向が何でも叶うと思われがちですが、意外と自滅へのプロセスが始まっているのではないでしょうか。

 09年には衆院選を大勝した民主党が、4年後に存亡の危機を迎えるとは、多くの人が予想しなかったと思います。現代は、これまでになく速い展開で時代が変化しています。昨日の勝ち組は今日の負け組ですし、今では勝ち組とか負け組の言葉さえ使われない時代になっています。

 同じ街の大型喫茶店が、何かの拍子に下降プロセスを描くか判りません。今流行の大型店ブームの前は、繁華街やオフィス街のコーヒーショップが人気でした。時代は想像以上に早い速度で変化を続けています。一つのスタイルに安住していますと、あっという間に新たなスタイルの同業者に人気の座を奪われます。

【一言】
 よくブームの商品や業種ということで、事前の準備なしに開業する人がいます。ほんの一時だけは時の人になりますが、大半の人は少し人気が陰っただけで撤退しています。腰を据えてビジネスを続けている経営者からは、お客さんと呼ばれる人たちです。せっかく起業を目指す以上は、一時の花火のような起業はするべきではないです。お客さんよりは、売り手の経営者になるべきです。

このコラムに類似したコラム

安易な社名をつけたばかりに・・ 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/08/19 20:23)

従業員の思考回路と経営者マインド 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/25 20:50)

経営発表大会 高橋 博章 - 資産経営アドバイザー(2015/10/26 08:00)

イタリアン嫌いの坂本孝さんが作った「俺のイタリアン」の謎 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/03 20:52)

イタリアン嫌いの坂本孝さんが作った「俺のイタリアン」の謎 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/03 20:51)