この時期の暑気対策 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

この時期の暑気対策

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break
蝉が日の出と共に鳴き始め、うだる様な暑さの今日この頃です。しかし、今年は意外と雨が多く、それもゲリラ豪雨と揶揄されるような、一時にとてつもない量の雨が降ります。
大気の低層部は真夏なのに、上層の大気に寒気が入り込んでいて積乱雲が発達し易い傾向にあるのだそうです。この積乱雲、雨と同時に上空の寒気も地上に運んできます。昼間の延長で夜もクーラーを掛けていると案外そのことに気付きません。習慣でクーラーをかけっぱなしで寝てしまい朝体がだるくて辛いみたいな事を繰り返してしまいます。
夕立が降った日の晩は、クーラーを掛けずに窓を開けて寝た方が快適です。
防犯の点から、窓を開けたまま寝るのは問題がありますので、我が家では窓を開けて雨戸を締めて寝ています。雨戸はサッシュ程気密性がよくありませんので、台所の換気扇を回すだけで外の涼気が驚く程入ってきます。クーラーほど冷えすぎず、ある程度湿気も含んでいますので、覚めるのに丁度良い朝を迎える事が出来ます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

岩手県花巻市へ! 斉藤 進一 - 建築家(2013/08/06 17:23)

梅雨の時期こそ・・ 斉藤 進一 - 建築家(2013/06/27 00:07)

夏と冬の断熱の違い 福味 健治 - 建築家(2012/10/30 08:43)

ロフト 松永 隆文 - 建築家(2012/08/16 12:01)