インド特許法の基礎(第3回)(3):外国出願に関する情報の通知について(2) - 特許・商標・著作権全般 - 専門家プロファイル

河野 英仁
河野特許事務所 弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:特許・商標・著作権

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インド特許法の基礎(第3回)(3):外国出願に関する情報の通知について(2)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 特許・商標・著作権
  3. 特許・商標・著作権全般

インド特許法の基礎(第3回)(3)

~外国出願に関する情報の通知について(2)

 

                               河野特許事務所 2013年8月13日 執筆者:弁理士  安田 恵

 

 

4.条文及び規則原文の対照表

 

 第8条及び規則12の対照表を以下に示す。

 

(原文)

 

The Patent Act, 1970

The Patents Rules, 2006

8. Information and undertaking regarding foreign applications.

(1) Where an applicant for a patent under this Act is prosecuting either alone or jointly with any other person an application for a patent in any country outside India in respect of the same or substantially the same invention, or where to his knowledge such an application is being prosecuted by some person through whom he claims or by some person deriving title from him, he shall file along with his application or subsequently within the prescribed period as the Controller may allow -
(a) a statement setting out detailed particulars of such application;

And

 

 

 

 

 

 

 

 

(b) an undertaking that, up to the date of grant of patent in India, he would keep the Controller informed in writing, from time to time, of detailed particulars as required under clause (a) in respect of every other application relating to the same or substantially the same invention, if any, filed in any country outside India subsequently to the filing of the statement referred to in the aforesaid clause, within the prescribed time.

12. Statement and undertaking regarding foreign applications.

 (1) The statement and undertaking required to be filed by an applicant for a patent under sub-section (1) of section 8 shall be made in Form 3.

 

 

 

 

 

 

 

(1A) The period within which the applicant shall file the statement and undertaking under sub-section (1) of section 8 shall be six months from the date of filing the application. Explanation.- For the purpose of this rule, the period of six months in case of an application corresponding to an international application in which India is designated shall be reckoned from the actual date on which the corresponding application is filed in India.

 

(2) The time within which the applicant for a patent shall keep the Controller informed of the details in respect of other applications filed in any country in the undertaking to be given by him under clause (b) of sub-section (1) of section 8 shall be six months from the date of such filing.

(2) At any time after an application for patent is filed in India and till the grant of a patent or refusal to grant of a patent made thereon, the Controller may also require the applicant to furnish details, as may be prescribed, relating to the processing of the application in a country outside India, and in that event the applicant shall furnish to the Controller information available to him within such period as may be prescribed.

(3) When so required by the Controller under sub-section (2) of section 8, the applicant shall furnish information relating to objections, if any, in respect of novelty and patentability of the invention and any other particulars as the Controller may require which may include claims of application allowed within six months from the date of such communication by the Controller.

 

 

 

(日本語訳)

 

1970年特許法

2006年特許規則

第8 条 外国出願に関する情報及び誓約書

(1) 本法に基づく特許出願人がインド以外の如何なる国においても,同一若しくは実質的に同一の発明について単独で若しくは他の何人かと共同で特許出願を行っている場合,又は自己の知る限りにおいて当該出願が,何人かを通じて若しくはその者から権原を取得した何人かによって行われている場合は,当該出願人は,自己の出願と共に,又はその後長官が許可することがある所定の期間内に,次に掲げるものを提出しなければならない。

(a) 当該出願の明細事項を記載した陳述書,及び

 

 

 

 

(b) 前号にいう陳述書の提出後所定の期間内にインド以外の何れかの国にした同一又は実質的に同一の発明に係る他の各出願(ある場合)について,インドにおける特許付与日まで,前号に基づいて必要とされる明細を書面で随時長官に通知し続ける旨の誓約書

規則12 外国出願に関する陳述書及び誓約書

(1) 第8条(1)に基づいて特許出願人による提出を必要とする陳述書及び誓約書は,様式3により作成しなければならない。

 

 

 

 

 

 

(1A) 出願人が第8条(1)に基づいて陳述書及び誓約書を提出する期間は,出願日から6とする。

 説明--本条規則の適用上,インドを指定する国際出願に対応する出願の場合の6月の期間は,当該対応する出願がインドにおいてされた実際の日付から起算する。

 

(2) 特許出願人が,第8条(1)(b)に基づいて当該人が提出すべき誓約書において,何れかの国において行った他の出願に係る詳細について長官に通知し続けるべき期間は,当該出願日から6とする。

(2) インドにおける特許出願後であって,それについての特許付与又は特許付与拒絶まではいつでも,長官は,インド以外の国における出願の処理に関する所定の明細を提出することを出願人に要求することもでき,その場合,出願人は,自己に入手可能な情報を所定の期間内に長官に提出しなければならない。

(3) 第8条(2)に基づいて長官によりその旨の命令があるときは,出願人は,発明の新規性及び特許性についての異論(ある場合)に関する情報,並びに容認された出願のクレームを含めて長官が必要とするその他の明細を,長官からの当該通知の日から6月以内に提出しなければならない。

 

 

 

以上

 

ソフトウェア特許に関するご相談は河野特許事務所まで

 

 

 |  コラム一覧 |