店長は自己肯定感の高い部下を育てよう - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

店長は自己肯定感の高い部下を育てよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般



「よおおし、やるぞ~今回は失敗したけれど、もう原因は見つけたし対策も採った!今度は絶対に上手く行く!」

こんな部下ばかりだったら楽しいと思いませんか?そうですよね~楽しいですよね~
ところが、多くのリーダー達に会って私が思うのは、どうも、こういう部下よりも、深く反省し、悩み、自信を失い、ため息をついている部下がいる方が喜んでいる・・・そんな気がするのです。

私の思い過ごし??・・・そうであれば良いのですが、果たしてそうなんでしょうか?
ならば、なぜそんなにも反省を促すのでしょうか?
反省から次の行動への強いパワーは生まれてくるのですか?
反省からは、自己否定感しか生まれません。
自己否定感からは、前向きなエネルギーは生まれてこないのです。
なので、いくら反省しても彼らは成長しないで同じ事を繰り返すのです。
これを、反省の深さが足りない!と解釈してより反省をさせようとする・・・すると更に自己否定感が深まり、ますますどん底に落ち込んでいきます。

必要なのは反省ではありません。分析と対策です。
反省と分析はどう違うのかと言うと、反省は、上司に対して行いますが、分析は自分と相手に対して行うのです。上司を気持ちよくさせることで、問題が解決し、自分も成長出来るのならばいくらでも反省すれば良いのです。でもそれはあり得ません。

なぜ?どうして?・・・これに対して考えるのが反省。
なにが?どうしたら?・・・これに対して考えるのが分析と対策です。

部下の自己肯定感を高めていくと、失敗した後の会話は全て「なにが?どうすれば?」で進められます。それにより、極めて短時間で問題を解決させ、次なる手を打てるようになるのです。

部下の自己肯定感を高めていくのは、上司の役割です。
上司の態度で決まります。部下を自己肯定への道を歩ませるか?自己否定への道を歩ませるか?

「なぜ」を「なに」に換え、「どうして」を「どうすれば」に換えるだけです。
そして「失敗した」問題ではなく「チャレンジした」行動に対して常に例外なく承認と賞賛を続けることです。

チョット上司の言葉を良く聴いてみて下さい。
どちらを使っていますか?「なぜ?」「なに?」「どうして?」「どうしたら?」

よ~く聴けば、上司が誰を守ろうとしているのかが良~くわかりますよ。
あなたなのか?自分なのか?



いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

新人店長は「いつも言っているんですが・・・」とは言ってはいけない 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/02/16 06:54)

部下がチャレンジしないのは誰のせい? 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/09/21 07:45)

部下には経験や学習をした結果のその先を見つめさせよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/08/01 05:53)

店長は部下が弱音を言える雰囲気を作ろう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/07/21 06:30)

「相手軸な物語人」⑯拙著の読書感想を頂きました(その31) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/07/12 05:00)