顧客管理分析の具体的な進め方 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
福岡 浩
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

顧客管理分析の具体的な進め方

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
顧客管理分析と販売促進戦略
顧客管理分析に関して、諸々理論的なことをコラムに掲載してきましたが、
本日は具体的に顧客管理分析をどのように進行していくのかに関して
少し、話してみたいと思います。

大きく分けると3つのステージがあります。
1.顧客情報を収集するステージ
2.顧客情報を管理・分析するステージ
3.顧客管理分析結果をもとに販促展開し、成果を出すステージ


それぞれに対して簡単にコメントしてみますと、


1.顧客情報を収集するステージ
 ・顧客管理分析の必要性・重要性の理解
 ・店舗の実情を、感覚レベルで話し合い、店舗の長所・短所をピックアップ
 ・どのような顧客情報を収集していくのかの検討
 ・店舗の実情に合わせた顧客情報収集方法の検討
 ・顧客情報収集開始


2.顧客情報を管理・分析するステージ
 ・収集した顧客情報を用いた顧客分析項目の洗い出し
 ・顧客管理分析の開始
 ・顧客管理分析結果から得られた店内改善行動の実施
 ・店舗に対する顧客ロイヤリティ醸成のためのフォロー販促開始


3.顧客管理分析結果をもとに販促展開し、成果を出すステージ
 ・顧客管理分析に基づいた既存顧客に対する販促展開の実施
 ・実施した販促展開に対する効果測定の実施
 ・効果測定の結果から得られた新たな販促展開の実施
 ・顧客管理分析結果から得られた新規顧客獲得に向けた販促展開の実施


以上の流れになります。どのような顧客情報を収集し、どのような販促
展開を実施していくのかで、その成果は大きく変化してきますが、大枠
に関しては、上記のような流れで展開していきます。


顧客管理分析を自社内で導入して活用しようとしても、なかなかうまく
行かない理由の一つに、何を分析し、どう活用するのかが分からない
といった点が挙げられるのも、当たり前かもしれません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「顧客管理分析と販売促進戦略」のコラム