映画「風立ちぬ」に見る機能美と装飾美 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

映画「風立ちぬ」に見る機能美と装飾美

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●Coffee Break

子供の頃は飛行機少年で、少年雑誌の挿絵を食い入る様に見ていました。理由はひとえにただただカッコいいからです。この思いは宮崎駿氏も同じ様で、彼のアニメには飛行機が大変よく出てきます。
一昨日封切りされた「風立ちぬ」は、ゼロ戦の設計者として有名な堀越二郎の半生を下敷に堀辰雄の小説「風立ちぬ」のエピソードを織り交ぜて展開して行きます。
偶然にも子供の頃、堀越二郎著の「零戦」と云う本を貪り読んだ記憶があります。その中に書かれてあったエピソードがそのまま映像になっていました。50年近く忘れていた子供の頃の記憶がフラッシュバックの様に蘇ってきます。三菱の名古屋工場で試作された当時最新鋭の飛行機を、牛に曳かせて各務原の飛行場まで運んだ話しは、なんとも当時の日本の工業力の薄さを象徴する話しで、堀越二郎自身も嘲笑的な逸話として直筆で書かれています。
で、この最新鋭の試作機は、実はゼロ戦ではありません。ゼロ戦以前に心血を注ぎ込んで設計した96艦戦(9試艦戦)と云う戦闘機です。「零戦」と云う本にもあまりゼロ戦は登場せず96艦戦の設計秘話ばかりが登場します。96艦戦の設計に如何に情熱を注ぎ込んだか、それ以前に設計した7試艦戦の挫折から起死回生に挑んだ闘志が本の随所に現れています。
ゼロ戦が有名過ぎて、96艦戦の知名度は高くありませんが、この両方の飛行機に搭乗したパイロット、坂井三郎に云わせると、乗り心地は96艦戦の方が良かったそうです。馬力数や後続距離と言った性能ではゼロ戦に遠く及びませんが、フォルムを比較しても96艦戦の方が愛着が沸き親しみが持てます。
ゼロ戦に贅肉を削ぎ落とした機能美があるのと対照的な美しさです。機能美の反対語はありませんが、あえて云えば装飾美とでも云うべき美しさが96艦戦にはあります。

映画の中で気になったのが、96艦戦の主脚の位置。実機より幾分胴体の方に寄りすぎています。96艦戦は逆ガルウィングと云う、主翼をカモメの翼と逆の方向に折り曲げた様なカタチをしています。その下向きに曲げた底辺の位置に主脚を取り付ける事によって、主脚を短くする事が出来て着艦時の事故率を下げているのです。この逆ガルウィングは良い面ばかりではありません。翼を折り曲げたが故に翼面を流れる層流に乱流が発生してスピードを出しすぎると空中分解の原因にもなります。あえて逆ガルウィングを選択した理由はただ一つ着艦性能の向上です。しかし、映画ではその位置が胴体に寄りすぎているのです。

少し理屈を知っている人であれば、その不自然さにツッコミを入れたくなると思うのですが、私はこう考えます。

当然宮崎駿も飛行機少年で、当時の96艦戦の写真を何枚も見ているはずです。この様な指摘を受けるまでもなく、それは解っていてあえて胴体側に寄せたのだろうと推測しています。理由はその方がカッコイイからです。機能的にみて無駄な事をする。それだ装飾美だと考えます。これは建築にも通用する事です。
昭和40年代、建築家丹下健三が機能主義を唱えて、「機能的なものこそ美しい」と主張しましたが、数年で様式美が復権しています(建築では装飾美とは言わず様式美と云う言葉を使います)機能だけでもダメで装飾だけでもいけない。そのバランスの上に建築の美しさが成り立っているのだと考えます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

いざ鎌近。神奈川県立近代美術館鎌倉・最後の日々 岩間 隆司 - 建築家(2016/01/29 14:43)

杭工事偽装問題と設計監理 岩間 隆司 - 建築家(2015/12/03 19:30)

芝・増上寺の思い出 岩間 隆司 - 建築家(2015/11/20 14:50)

韓国で紹介して頂きました 三竹 忍 - 建築家(2015/09/16 13:58)

オスカー・ニーマイヤー 岩間 隆司 - 建築家(2015/08/31 09:27)