家を売る - 税金全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家を売る

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はスイカの日です。
数年前、自宅でタネを撒いたらテニスボールくらいのスイカができました。

住宅について書いています。
購入者の状況は刻々と変化するよ、というお話でした。

住みにくくなった、あるいは住めなくなった。
状況の変化によってはそういうことも多々起こり得ます。
その場合に、時には家の処分を考えなければならなくなります。
つまり家を売るということです。


ここで問題になるのが住宅購入においての投資性です。
今から売ろうとしているその物件が

・部屋として良い感じ
・立地が便利
・鉄道網などにマッチしている

こういった条件を満たしていれば、思っていたよりも高値で売れるかも。

そしてこれらと真逆であれば、低い値段でしか売れません。
場合によってはそもそも買い手がつかないことも珍しくありません。


つまり、物件の価値は手放す時になって真価を発揮する、とも言えるのです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

賃貸に住むという選択肢 高橋 昌也 - 税理士(2013/08/04 07:00)

街レベルでの発展 高橋 昌也 - 税理士(2013/08/01 07:00)

場合によっては売るに売れないケースも 高橋 昌也 - 税理士(2013/07/28 07:00)

海外中古住宅の節税 ストップか 大黒たかのり - 税理士(2016/11/21 15:25)

相続財産を先にもらいたい 大黒たかのり - 税理士(2015/10/09 11:00)