税制から少し離れた視点 - 税金全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税制から少し離れた視点

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は劇画の日です。
劇画、今では半ば絶滅しつつある分野かもしれませんね…。

住宅について書いています。
ここのところで、税制を中心に

・消費税の増税前に急いで買おう、というのは判断基準としておかしい
・住宅ローン控除は所詮ボーナス

と紹介してきました。
その前には

・今時点でお金が貯められているのか

といった資金繰りからの住宅購入について考察してみました。
より重要なのは後者の視点です。
税制がどうこうというのはあくまで間接要因です。
それよりも自分の生活でお金が貯められているか、の方がよほど重要です。


そしてもう少し難易度の高い判断基準について考えてみます。
それは投資物件としての観点です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

判断をしないことの重要性(2016/11/28 07:11)

このコラムに類似したコラム

物件としての魅力がどれくらいあるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/07/25 07:00)

税制は住宅購入の決め手になるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/07/15 07:00)

減価償却資産の取得価額と消費税の経理処理 佐藤 昭一 - 税理士(2011/12/14 12:00)

納税地について(12月以降引越ししている場合) 佐藤 昭一 - 税理士(2011/12/01 17:58)

海外中古住宅の節税 ストップか 大黒たかのり - 税理士(2016/11/21 15:25)