日経記事;『ホンダ、SUV投入 ハイブリッド車種広く 国内販売、今年度5割増めざす』に関する考察 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;『ホンダ、SUV投入 ハイブリッド車種広く 国内販売、今年度5割増めざす』に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
経営コンサルタントの活動 新規事業開拓・立上支援

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

7月20日付の日経新聞に、『ホンダ、SUV投入 ハイブリッド車種広く 国内販売、今年度5割増めざす 「フィット」は燃費最高に』のタイトルで記事が掲載されました。

本日は、この記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『ホンダは11月に、小型多目的スポーツ車(SUV)のハイブリッド車(HV)を発売する。SUVでのHVは同社として初めて。ガソリン1リットルの燃費が世界最高となる「フィット」のHV次期モデルを9月に発売するのに続き、SUVも投入し車種を広げる。

これら小型HVを主に取り扱う店舗を2013年度中に2割増やす。13年度の国内HV販売台数を前年度比5割増の約21万台にする計画だ。

9月発売の「フィットHV」は燃費が36.4キロメートルと世界最高に。

ホンダは19日、「フィット」のHV次期モデルの燃費が36.4キロメートルになると発表した。現在世界首位であるトヨタ自動車の小型HV「アクア」(35.4キロメートル)を抜く。

高出力モーターを核とする小型車専用のHVシステムを開発した。現行のモデルはエンジンとモーターを併用しているが、次期モデルは低・中速時にモーターだけを使って、ガソリン消費を抑える。

11月発売のSUVはフィットと同じHVシステムを搭載する。今月稼働させた埼玉製作所寄居工場(埼玉県寄居町)でフィットと同じ車台を使って生産する。コストを削減し、収益力を高める。同社のSUVは世界戦略車の「CR―V」のみで、現在はガソリン車しかない。

ホンダは「フィット」とSUVの小型HV2種類を開発するだけでなく、販売策も手を打つ。全国2200店のホンダ販売網のうち地方店を中心に、小型車や軽自動車の販売に特に力を入れる店を現在の250店から300店に増やす。

12年度の国内新車販売に占める軽自動車とHVの割合は合計6割に迫った。消費者が燃費性能への関心を高めている。HVはトヨタが先行し、12年度は「アクア」「プリウス」などHVが新車販売の42%を占めた。

ホンダは「N BOX」など軽の人気が高い。HVでは、今年6月に軽並みの燃費30.0キロメートルとなった「アコード」も合わせて売り込む。13年度の国内販売目標は85万台で、21万台程度をHVとする考えだ。』

ホンダとトヨタが、HVで激しく競争しています。トヨタは、いち早くHVの実用化・商品化で先行しました。本日の記事によると、2012年度は「アクア」「プリウス」などHVが新車販売の42%を占めており、HVの販売台数で世界ナンバーワンの位置を占めています。

ホンダは、HVで急速にトヨタを追撃しています。HVの特徴の一つが燃費の良さにあります。今まではトヨタの小型HVである、「アクア」の35.4キロメートルでした。

今回、ホンダは自社の新「フィットHV」は燃費が36.4キロメートルとトヨタ車を抜いて世界ナンバーワンになったと発表しました。

HVの本家を自負するトヨタは、当然のごとく猛然と巻き返しを行なうとみています。燃費の良さとCO2排出量削減の観点から、HVは当面の間、環境対応車の本命の一つになっていくからです。

HVは、トヨタとホンダの国内自動車メーカーが主力になって開発・商品化を推し進めています。両社がHV領域で激しく切磋琢磨しながら競争することは、関連技術の更なる進化を起こす原動力になります。

何度か本ブログ・コラムで書いていますように、自動車産業は非常にすそ野が広く、HVのような領域でイノベーションが起こり、しかも競争が激しい環境下では、多くの新素材、新技術、新部品などが積極的に採用されていきますので、多岐にわたっての動きが起こります。

これらの新技術や新部品などは、次世代環境対応車である水素自動車にも多く適用されます。HVの激しい競争は、水素自動車の開発・実用化を後押しする原動力の一つになっています。

国内自動車メーカーの強みは、環境対応車の開発・実用化にあります。米国では、シェールガスやシェールオイルの産出で燃料代が下がり、大型車の人気が盛り返しているようです。

しかし、地球温暖化対策のかなめとなるCO2排出量削減は、燃料代の安さに関わりなく推し進める必要があります。

また、ASEANをはじめとする新興国では、石油の高価格だけでなく、排気ガスやCO2排出の抑制が非常に大きな課題になっています。

バンコックやジャカルタなどのASEANの首都の大気汚染は、厳しい状態になっており、HVのような環境対応車の普及が必要になります。

HVが乗用車だけでなく、トラックやバスなどの大型車クラスに普及すると、上記首都の大気汚染はだいぶ改善されると共に、石油使用量の抑制にもつながります。

現時点では、HVの販売価格はガソリン車も割高になっています。これは、HVがモータとガソリンエンジンの二つを搭載している構造から来ています。

HVをASEANなどで普及させるには、可能な限り低価格化を推し進めると共に、燃費の良さの改善努力を続けていき、当該自動車の利点を徹底的にアピールする必要があります。

HVは当面の環境対応車の有力な選択肢として、米国のカリフォルニア州やヨーロッパなどの環境に高い関心をもつ地域や国ぐに、あるいはASEANなどの新興国で高い需要が見込まれます。

日産自動車などの他社もHVで巻き返しを図っていますので、ますます国内自動車メーカー間の競争が激しくなるのは確実です。

国内自動車メーカーが、HV技術にさらに磨きをかけて燃費の良さなどを追求して、一種のオールジャパン体制で競争力を高めていくことが重要です。

磨き抜かれた競争力が、国内自動車メーカーが世界市場で勝ち組みになることの原動力になります。

HVで培った技術、素材、部品、ノウハウなどは、上記しましたように、次世代環境対応車である水素自動車の開発・実用化に大きく貢献します。国内では、官民で2015年に水素自動車の開発・実用化を実現すべく準備を進めています。

上記の視点からも、トヨタ、ホンダ、日産自動車などの国内メーカーのHV競争に今後も注目していきます。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

 


 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営コンサルタントの活動」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;"乱戦必至の軽市場、ホンダが今期販売2倍超に"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/07/09 09:03)

日経記事;"ホンダ,インドにエンジン工場 新興国で巻き返し"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/09/16 10:56)

日経記事;"プリウス 米中で年10万台生産 トヨタ,基幹部品も"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/05/09 09:14)

日経記事;"スズキ低燃費エンジン増産リッター30キロ主流に"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/12/21 10:08)