人気の「経営センスの論理」から - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人気の「経営センスの論理」から

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 一橋大の楠木建さんが書いた「経営センスの論理」という本が、ベストセラーになっています。これから起業を目指す人にとって、経営センスは先の先ことかも知れません。ただ、目指す目標に自分なりの経営センスを掲げていると、起業してからの方向が大化けすることがありますから大事です。

 この本の最も気になったところは、「会社をよくするのに必要なのは、「スキル」よりも「センス」を磨くことの台詞にはぐらっときました。日ごろからとても気になっているのが、経営スキルばかりに依存し過ぎる起業家が多いことです。スキルはどこまで行ってもスキルで、小手先の利益を上げることは可能ですが、会社を多くの人から必要とされる会社にするのは無理です。

 経営センスの源は、ミッションや企業理念に由来しているように思います。起業家と従業員とお客さんの3者が満足し、社会での役割を明記するのがミッション。センスはその延長線上にあって、楠木さんは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」の次元と言い切っています。

 また、「会社の中には、数人はセンスのよい人がいるので、そのような人に経営を任せる」なんてことも言っています。大学の先生の場合、イメージして書く舞台は、ほとんどが大手企業の話。これから起業を目指す人とは、舞台仕掛けとは少し違いすぎる嫌いはあります。

 起業する場合は、スキルだ、センスだなどとは言っていられません。自分の中でセンスを取り込んでいくしかありません。ただ、スキルばかりに依存した経営は、ともすると方向性をまったく考えない経営に陥ることが多いです。お客さんに好かれない会社は、結局長く続かないことになります。

【一言】
 新潮新書の「経営センスの論理」は、ダイヤモンド社が運営するオンラインサイト「ハーバード・ビジネス・レビュー」で連載した記事をまとめたものです。そのため、1回読みきりの記事をつなげているため、内容が飛び飛びになっていて、まとまりのない内容なのが欠点です。ただ、最新の経営を知るには役立つ本ではあります。選挙になると思い出すのがこの傑作コントです。暇な人はみてくだい。

このコラムに類似したコラム

飲食店経営と食べログとの微妙な関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/20 20:54)

起業のために必要な知識とは 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/09/28 20:18)

寂れる駅前商店街に人の流れを 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/08/07 21:09)

建設会社の起業は需要が多いけれど 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/04 20:57)

起業後の労働生産性には要注意 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/15 20:32)