単身赴任が住んでから実感!後悔しない為の部屋選び№3 - 賃貸物件選び - 専門家プロファイル

佐名川 修
単身赴任本舗 代表取締役
大阪府
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

単身赴任が住んでから実感!後悔しない為の部屋選び№3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅賃貸
  3. 賃貸物件選び

ポイント6:単身赴任専用の物件と一般物件との違い


通常インターネットや物件情報誌などで部屋探しをされる場合、一般の賃貸マンションが中心に掲載されています。

単身赴任の部屋には一般の賃貸マンションより単身赴任専用の賃貸マンションがおススメです。

では、単身赴任専用の賃貸マンションとはどんな物件なのか?何が違うのか?

単身赴任専用の賃貸マンションは、単身赴任の暮らしを考えて日々の生活の中でできる限り煩わしく感じることを最小限に様々なサービスや設備、備品を取り入れている賃貸マンションです。

楽な単身赴任生活を送れて仕事に集中できるように考えられているのです。

まず、マンションのエントランスを入ればフロントがあり、そのフロントではクリーニングの取り次ぎサービスや宅配便の取り次ぎサービス等がある。

フロントスタッフは「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」の温かい声があるのも嬉しい。
物件によりフロントスタッフの業務時間が異なります。

その他に室内の無料清掃サービスや寝具のリネン交換サービス等もある物件も。
お部屋には家具家電や寝具一式が備え付けてあり、ホテルのようにスグに利用できるよう揃っていて自転車や掃除機、アイロン、ズボンプレッサーが無料貸し出ししてくれる物件も多い。

物件により備え付けの備品やサービスの内容も異なり家賃の違いもあります。

その他には、入居者専用の食堂や大浴場が完備されている物件もある。

一般の物件の中には、家具家電付き物件も最近は増えていますが、備え付けではなく退去時にご自分で撤去処分をしないといけないという物件が多いのでこの点には注意しなければならない。

また、フロントのサービスが無く建物内の設備等は特に単身赴任の為に考えられていると言う訳ではない。

サービスの内容や設備、備品等についてはここで全てをご紹介しきれないくらい様々な内容となっていますので専門不動産会社のホームページ等で各物件の詳細を確認されると良いでしょう。

ご入居されている方は基本単身赴任でご入居されている方で皆が同じように単身赴任でご入居されている方ですので建物内でのトラブル等が少ない点でも安心感があります。

物件を選ぶときには単身赴任の生活が始まりそのマンションで暮らしている自分自身の日々の生活をされている状況をイメージしながらできる限り煩わしい内容を無くしていくこと、それにできるだけ引越し時に買い揃える物を最小限にできる物件と言うことを考えて選ぶことが大切です。

単身赴任「向け」と単身赴任「専用」の違いも見分けるポイントにもなりますね。

管理会社や貸主の中には専門不動産会社だけに入居募集の情報を依頼している事もあります。
専門の不動産会社にちょっとした小さな疑問でもご相談してみると良いでしょう。

また、専門の不動産会社にご相談される際には会社の規定予算なども伝えると通常の家賃より大幅にプライスダウンをしてくれる場合もある。

単身赴任の為の部屋探し専門不動産会社『単身赴任本舗』

 

ポイント1に戻る

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム