単身赴任が住んでから実感!後悔しない為の部屋選び№2 - 賃貸物件選び - 専門家プロファイル

佐名川 修
単身赴任本舗 代表取締役
大阪府
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

単身赴任が住んでから実感!後悔しない為の部屋選び№2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅賃貸
  3. 賃貸物件選び

ポイント4:会社の規定を事前に確認

部屋選びをする時は、事前に会社の規定を確認しておきましょう。

例えば、
・家賃はいくらまでなのか。(地域によって月額賃料の上限が異なる場合が殆どです。)

・会社の負担と自分の負担区分を確認(家賃、共益費、光熱費、仲介手数料、火災保険など)

・地域によって契約時の内容が異なりますので確認。(関西では敷金、礼金ではなく保証金、解約引などと他の地域と異なる場合もございます。)

・会社からの距離が中途半端な近さだと交通費が出ない場合もあります。(会社から2キロ以内なら交通費が出ないなど)

その他にも色んな決まりがあると思いますのでしっかり確認をして、分からないことは会社の社宅契約担当者に質問をし理解をしておきしましょう。単身赴任をされた経験のある同僚や先輩などに相談してみるのもいいでしょう。

確認をしないで部屋選びをすると後で余計な出費に気付くということもあるかもしれませんのでここで手を抜かずにできるだけ自己負担を少なくする為にも忘れないようにしましょう。

関西などは独特の商習慣があり契約内容が異なる場合があります。もしこれまでに関西圏で社宅契約をされた経験の少ない企業様なら少し理解ができない場合もあるでしょう。
その場合は法人契約専門の不動産会社に問い合わせてご相談してみるのも良いでしょう。

不動産会社に相談される場合は一般の不動産会社ではなく法人契約を専門にしている不動産会社(特に単身赴任の部屋探しを中心にしている不動産会社)に相談しなければいけません。

地域密着型の不動産会社ではその地域のことしか分からないからです。


ポイント5:取り扱う物件と対象にしているお客様で不動産会社を選ぶ


単身赴任をされる時に赴任先にある賃貸マンションの部屋探しをされますが普通はインターネットを利用し赴任先の物件を検索される方が殆どです。

または、赴任先で販売されている物件情報誌を取り寄せて掲載されている物件の中に気になる物件があれば取り扱っている不動産会社に問合せをされる方もいます。

物件情報誌や一般の物件サイトに掲載されている物件の内容は、一般の方向けの賃貸マンションを中心に掲載されています。街の不動産会社は一般の方(学生さんや社会人の中で独身の方)を対象にしているからです。

それでは、どのような不動産会社に相談をすれば良いのでしょうか?

まず、単身赴任をされる方はご自宅があり、一般の方とはその物件に引越しする目的が全く異なるということを念頭に置いて選ばないといけないのです。

できるだけ法人契約を専門としている不動産会社にご相談すると良いでしょう。
単身赴任をされる場合、会社と貸主との契約手続き(法人契約)となりますので、一般の方との不動産取引と基本的に変わらないのですが、手続きの進め方などに細かな違いがあり慣れていない不動産会社の営業マンが分からず普段一般の方との取引の流れで手続きを進めてしまうでしょう。

法人契約の場合、会社の契約担当者さまと入居される単身赴任者さま本人と立場の違いや居る場所も異なると言うこと、契約者はあくまでも会社、ご入居される日程も1ヶ月ほど先になる場合や長い時は1ヶ月半も先になる場合もあり、この場合の日割り家賃発生日(契約のスタート日)の問題等もあります。
その他にもさまざまな違いがあります。

また、物件の貸主や所有者、管理会社についても同じことです。

そこで、法人契約の手続きに慣れている専門不動産会社ならこのような問題は理解した上でスムーズに手続きを進めますのでトラブルなどの問題も起こらないのです。

しかし、初めて単身赴任をされる方でこの辺を知らずに部屋探しをし、手続きを進める場合こんなものだと思い無駄な時間を使ってしまいます。
法人契約専門の不動産会社なら手続きがスムーズに進み鍵の引き渡しまで単身赴任者さまや会社の手続担当者さまに無駄な時間と手間をかけずに完了できるのです。

単身赴任者さまが異動する時は、仕事の引継ぎなどが大変ですし今までの職場では送別会、赴任先では歓迎会、それに家族との暫しの別れと本当に忙しい日々が続きますので不動産会社側とすればできる限り手間をかけずに余計なストレスをかけないようにしなければいけません。

出来れば法人契約専門の不動産会社でも単身赴任専用の物件を中心に取り扱う不動産会社が最適でしょう。

私ども『単身赴任本舗』はそのような問題を常に考え契約担当者さまや単身赴任者さま、さらには単身赴任者さまのご家族さまのストレスを最小限することに力を注いでいます。

単身赴任の為の部屋探し専門不動産会社『単身赴任本舗』

 

ポイント6に続きます。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

A139.新築予告 高級賃貸「パークハビオ恵比寿」の最新情報 大槻 圭将 - 不動産業 不動産コンサルタント(2013/09/02 13:32)

単身赴任が住んでから実感!後悔しない為の部屋選び№3 佐名川 修 - 不動産業(2013/07/18 15:56)

単身赴任が住んでから実感!後悔しない為の部屋選び №1 佐名川 修 - 不動産業(2013/07/18 15:41)