賃貸マンションの未内見の申込・契約について - コラム - 専門家プロファイル

柳 一幸
株式会社アライバル 
東京都
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸マンションの未内見の申込・契約について

- good

皆様こんにちは。

アライバルの柳です。

 

今回のコラムは賃貸マンションの未内見の申込・契約について書きたいと思います。

 

原則、大手管理会社が管理をしている物件は、内見が可能な部屋の場合は、

必ず内見をしてからの申込が必要となります。

 

それは、未内見の場合は、実際の部屋を見ないで申込をしてしまうので、

入居後に、当初図面で見て想像していた間取り、雰囲気、設備、日当たり等と違うことがあり、

トラブルの原因となることが多いからです。

 

しかし、例外で未内見でも場合によっては申込可能な場合があります。

 

例えば、退去予定の部屋の場合です。

まだ物理的に内見が出来ないのですが、解約前なのに募集が始まっている物件があります。

 

このような物件の場合は、同じマンション内で空室があれば、参考程度に内覧をして頂き、

申込を頂きます。そして、現入居者の退去後に内見可能となりましたら内見をして、

契約という流れになります。

 

いずれにしても、後々のトラブル防止のために、契約前には必ず内見をして頂く形になります。

 

よく、賃貸の仲介会社のホームページ上に、内見の代行サービスと謳っている業者があります。

お客様の代わりに内見をして、写真や動画を撮影して報告をするというような内容です。

 

私どもは仲介会社の内見代行はオススメしておりません。

なぜなら、写真や動画では伝わらない事が沢山あり、仲介会社の主観とお客様の主観は

全く別物なので、そのズレでトラブルが起きることが多いのです。

ですので、必ず内見をしてから契約をすることをお願いしております。

 

管理会社や貸主の立場としても、

入居後に、思っていた物と違ったので解約したいと言われても困りますので、

しっかりとした管理会社は、未内見での契約は認めない傾向にあります。

 

忙しくても、必ず内見をして、細かな部分までチェックして、納得してから申込・契約をすることが

部屋探しの鉄則です。

 

 アライバルでは新宿・中野・渋谷エリアを中心に高級賃貸マンションを多数取り扱っております。

新宿・中野・渋谷エリアの高級賃貸サイトはこちらからご確認いただけます。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

賃貸マンションへの婚約者同士の入居について 柳 一幸 - 不動産業(2013/07/31 16:33)

入居時の現況確認書について 柳 一幸 - 不動産業(2013/07/10 17:35)

賃貸マンションの携帯電話の電波状況について 柳 一幸 - 不動産業(2013/07/10 17:32)

お引越しの段取りについて 柳 一幸 - 不動産業(2015/03/19 16:31)

審査書類の運転免許証について 柳 一幸 - 不動産業(2015/03/12 08:54)