投信を選ぶ際のメジャー、シャープレシオ - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投信を選ぶ際のメジャー、シャープレシオ

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
資産運用の原則 投資信託の選び方
投資信託を選ぶ際に、重要な2つの指標があります。

1つにはベンチマークとの比較です。
例えば、日本株式に投資する場合には、TOPIXの成績と比べどれだけ勝っているかは重要な位置づけになります。
海外の株式を対象とするものには、MSCIコクサイ、MSCIエマージング指数等があり、海外の国債ではシティーコープ国債指数がベンチマークになります。
保有されているアクティブ投信がこれらのベンチマークに負けていた場合には、インデックスファンドへの乗り換えをご検討下さい。

2つ目はシャープレシオです。
シャープレシオとは、リスクを取ったことによって、どの程度のリターンが得られたのかという「リスク調整後」のリターン(超過利益率といいます)を比較する代表的なパフォーマンス評価方法です。

ポートフォリオ(投資信託が保有する銘柄)の収益率から、無リスク資産(定期預金や国債など)の収益率を差し引き、それをポートフォリオ(投資信託)のリスク(標準偏差)で除せば求められます。
この場合、数値が大きいほど、リスクに対してリターンが大きいのですから、良いポートフォリオ(投資信託)となります。

数式は
シャープレシオ=(ポートフォリオのリターン−無リスク資産のリターン)÷ポートフォリオのリスク
です。

投資信託を勧められたら、「シャープレシオは幾つですか」と聞いてください。また、ベンチマークとの比較も聞きましょう。当然複数の投信をこの両数値で比較してください。

既に運用を開始した投資信託では、これらの数値が運用レポートに示されています。是非ご確認下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の原則」のコラム