書斎はつくろう - 建築プロデュース - 専門家プロファイル

松岡在丸とハウジング・ワールド 
東京都
建築プロデューサー
03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

書斎はつくろう

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築プロデュース

「書斎を作るなんて、贅沢だ」

家づくりに取り組もうとするユーザーさんの中には、こんな風に述べる方が少なくありません。

でも、書斎は贅沢なのでしょうか

昨今のインターネットの普及によって状況が大きく変化し、在宅勤務が可能になったりフリーランスや「ノマドワーカー」と呼ばれる働き方が目立ってきたりすると、将来のワーキングスタイルに対する見方も変わってきます。


書斎は仕事と学習の場

個室か否かに関わらず、書斎があるということは、「ここでは仕事や勉強をする」という雰囲気で取り組む場所があることになります。

仕事や勉強は、家族の生活のため、また個人の成長のために欠かせないこと。

これを家でしっかりとできるかどうかが、働く人にも子供たちにも将来に大きな違いを生み出すわけです。


書斎は書庫でもある

本棚を個人の部屋に置いている家庭は少なくありません。もちろん、個室に置きたいものもあるでしょう。

とはいえ、本の多くは家族で共有することができるもの。書斎を「図書室」と考えて使うことで、仕事も勉強もはかどることになります。


メリハリを付けた生活を

書斎があると、生活スタイルにメリハリが生まれます。

勉強するときは勉強する、仕事をするときは仕事をする、遊ぶ時は遊ぶ、ということ。

書斎には、個人の部屋にあるような気を散らすものがありません。それで仕事や勉強がはかどることになります。

これが、生活にメリハリを与えるものとなります。

主婦でも、書斎を使って調べ物をしたり習い事の勉強をしたりと、書斎を活用できます。


家は単に食べて寝る場所ではありません。

生産的な活動も、家で行なうことができれば、そこは住みよい場所となります。

書斎を設けることも、ぜひ積極的に考えてみてください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築プロデューサー)
松岡在丸とハウジング・ワールド 

平均年収の方でも建てられる100年住宅を

高級輸入住宅の敏腕営業担当として『ツーバイフォーの鬼』と呼ばれる営業成績を残しつつも、必ずしも家が大切に残されないことや幸せに直結しないことに疑問を抱き、独立後、十数回にも及ぶ欧米住宅研究旅行を実施。国産無垢材ティンバーの大空間を実現。

03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

AVボード 松永 隆文 - 建築家(2016/08/01 09:28)

ホームページのリニューアル 松永 隆文 - 建築家(2015/03/23 20:37)

自分らしい空間のデザインとは 酒井 正人 - 建築家(2015/03/20 17:30)

実はネットでかなり揃ってしまう、いまどきの家づくり建材調達法 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/12/20 13:50)

自分に合う家があるはずだと思ってネットを探しまくる 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/01/20 12:00)