源泉徴収票と住民税の通知書 - 税金全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

源泉徴収票と住民税の通知書

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は大暑です。
三男坊さんの機嫌がイマイチですねぇ…。

住宅について書いています。
ローン控除の仕組みについて書きました。

とりあえずこれから家を買おうとしている場合にですが。
ローン控除でどれくらい税金が還ってくるか考えてみたい場合の資料として

・平成24年分の源泉徴収票
・平成25年分の住民税通知書

この2つをよくお読みになることをオススメします。
クドいようですが、ローン控除は

・そもそも支払うべき税金が還付される

ですので、特に大きく状況が変わらなければ昨年の納税状況が役に立ちます。
住民税は昨年の所得状況を元に今年の税額が確定されます。
ですので所得税は24年分、住民税は25年分です。


これらの資料を読み込み、そもそも自分がいくらの税金を支払っているのか知るところから始めましょう。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

そもそもいくら払っているの? 高橋 昌也 - 税理士(2013/07/20 07:00)

住宅ローン控除の基本的仕組み 高橋 昌也 - 税理士(2013/07/19 07:00)

税制改正大綱 所得税 大黒たかのり - 税理士(2013/01/29 17:36)

退職金に係る税金(平成25年から取り扱いが変更されます) 大黒たかのり - 税理士(2012/09/04 18:39)

住民税があがったのはなぜ? 大黒たかのり - 税理士(2012/08/07 17:22)