ANAとNTTデータが成果報酬型契約を締結 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ANAとNTTデータが成果報酬型契約を締結

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は成果報酬型契約についてのお話です。

全日本空輸(ANA)が、貨物事業向けの新基幹システムでNTTデータと成果報酬型の契約を結んでいることが分かりました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130704/489353/?mln

詳細はリンク先の記事を見ていただきたいのですが、ポイントは

・システム利用料金は、ANAが取り扱った貨物量(貨物の搭載重量)に応じて変わる
・初期費用はゼロ

ということです。

IT業界における成果報酬型契約は、以前から少なからずあり、私も認識してはいたのですが、このような大型案件は非常に珍しいのではないでしょうか。

システム開発プロジェクトにおけるトラブルや契約に関する様々な問題点が昔から存在しており、なかなか良い解決策が現場レベルでは見いだせていないわけですから、そろそろ成果報酬型契約を真剣に考える時期に来ているのかもしれませんね。

ITベンダーからすると、初期費用ゼロというのが大きなリスクになるわけですが、早期に取り組むことで大きな差別化要因になることは間違いないでしょうから、挑戦する価値は大いにあるでしょう。

資金面のリスクへの配慮は当然必要ですが、中堅・中小ベンダーには是非検討していただきたいテーマだと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)

このコラムに類似したコラム

IT業界で「レベニューシェア型」の契約形態が増え始めている 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/06/21 06:59)

企業や人材の存在価値を問う 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/10/16 07:08)

日経記事;『車部品 受託組み立て 三井物産、米最大手に出資』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2014/02/02 12:18)

変わらないことのリスク 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/25 10:20)

企業連携における大前提 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/05/25 09:52)