年収1000万の危ない生活 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年収1000万の危ない生活

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

年収1000万位の人が結構危険なライフプランである場合が多いです。
年収1000万も有ればと思いますが、1000万円と言うステータスには陥る罠があります。
放送局に勤務の50歳、年収1100万円、家族構成は妻と子供2人の典型的な家族。10年前に35年で組んだ住宅ローンの残債が4000万円以上。
本人曰く「年収は、最高時1500万円くらいあったかなあ。不況で賃金カットがあって今は1100万円ほど。月々の払いで大きいのは10年ほど前に建てたこだわりの家のローンですね。土地を含め6800万円のローンを75歳までに完済予定です」
この人の貯蓄額はいくらと思いますか?答えは「100万円」年収最高時の1500万円の生活がそのまま沁みつき、年収下がっても生活レベルを下げずに、ローンも支払利ながらまだ教育費が・・・・
「何とかなるさ」乃考えが多いこの年収1000万円世代。実はかなり危険が潜んでおり、最悪は離婚や自己破産した人も沢山見ています。
逆に年収500万円の人の方が堅実に生活をしたりします。

「年収1000万円の壁」は注意しましょう!  

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

夫婦の5割り共働き 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/29 15:50)

『生活費以外は自由』58% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/08 09:40)

住宅ローン金利はいつ上昇するのか 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/10 15:16)

教育費準備・住宅ローン返済・老後資金準備の三重苦からの脱出! 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/27 20:48)

年収1000万の危ない生活 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/09 08:47)