リフォームの現場 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

増井 真也
建築部門代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォームの現場

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
けんちくの現場にて
夕方5時ごろ千歳烏山のOさん宅へ。Oさん宅といってもまだ購入したわけではない。これから購入する予定の事務所兼工場のような建築物である。Oさんはこの建築を住宅に改修して利用する予定だ。築4年という新しい鉄骨造の建築なのだが1階は倉庫か工場というような状態で、住宅にはありえないような開口部がたくさんくっついている。まずはこれらの開口部を整理することからはじめることになった。そして次に問題となるのが階段である。現状では屋外階段のみで屋内には階段がない。でも寝るときにわざわざ外に出て1階に移動するというのではあまりに不便すぎるということで、デッキプレートにコンクリートという頑丈な床に穴を開けてそこに鉄製の階段を設置することになった。それから次はお風呂。今の建築いにはお風呂がない。でもOさんは知り合いからユニットバスをもらえるそうだ。今回はそれをつける。だからこれは安く収まるだろう。
このプロジェクトでは住宅ではない建築を利用して人が暮らすことの出来る空間を作る。建築自体は鉄骨造の2階建てでかなり頑丈そうに作られている。そして築4年という新築並みの新しさである割には建築の値段はかなり安くなっている。だから住宅を取得する際に必ず必要になる構造体を作るお金はほぼかからないという考え方も出来るのである。その構造体を利用してあまりお金をかけずに自分たちの好きな空間を作っていく。窓とか階段とか電気とか自分たちで出来ないところだけはプロに頼んでそれ以外の塗装工事などは自分たちで時間をかけて行っていくそうだ。道端で話をしているときに奥さんが大好きといっていたアンティークの大きなボビンを拝見した。この家にOさんご夫妻の良質な歴史が刻まれていけばキットこの家もいつかはそのボビンのように人をひきつける魅力を醸し出していくのだろう。