7月初頭は気持ち切り替えに最適な時期 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

7月初頭は気持ち切り替えに最適な時期

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 2013年も前半が終わり、休む暇なく後半が始まっています。日々の会社の仕事に追われますと、起業のために準備をする時間的な余裕がなくなってしまいます。これは起業を目指す多くの人にとってのジレンマです。そのため、会社勤めを辞めてから、慌てて起業準備を進めざるを得ないのが現状です。

 7月初頭から12月31日までの間、少しでも目に見えるカタチで、起業準備が進みますと、とても嬉しくなります。掛替えのない自信にもなります。起業ばかりでなく、会社の仕事においても同じです。そのため日ごろから目標設定を行い、目標に向かってモノゴトを進める習慣をつけてはいかがでしょうか。

 現代の起業においては、企業理念を明確し、仕事の前には完成イメージを描いてから取り掛かると並んで、目標設定は重要な要素になっています。わたしには、開業当初、目標設定で苦い思い出があります。起業相談で収入が上がり始めた年の年初に、売上げ目標を設定して臨みました。

 ところが、目標の金額が高すぎ、ほとんど惨敗に終わりました。翌年、目標は縁起が悪いので設定しなかったら、今度所属する協会の仕事が増えて、売上げが多く今度は税金で苦労しました。わたしの経験では、不定期な仕事が多すぎるときは警戒が必要です。仕事量を自分でコントロールしないと痛い目に遭います。

 目標設定は、1年とか、半年の長期目標と、一週間や一月の短期目標とを使い分けることで、仕事に張りを持たせることができます。また、常に締め切り時間も設定して、緊張感を持つことも必要です。会社で仕事をしている人は、起業準備は時間のやりくりがたいへんです。目標設定を行うことで、少しでも楽しく準備に取り組んでください。

【一言】
 起業における目標設定は、自分の心がけ次第で比較的楽に設定できます。ただ、何を、何のために、何時までに行うかの3点は、はっきりさせる必要があります。目標によっては、どのような方法で、どのくらいの予算で行うかも決めておくことです。特に、何時までに行うかを忘れがちですから、ここもしっかり事前に考えて取り組みましょう。

このコラムに類似したコラム

起業で成功するためのコツの一つ 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/04/27 21:20)

起業で最初に売れ筋商品を扱う落とし穴 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/28 20:06)

この世とあの世を行き交うかぐや姫の話 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/14 20:18)

自分が思う自分と他人が思う自分との隙間 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/21 20:28)

常識を破ることが起業の新たなスタイル 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/20 21:01)