【書評】「使える英語」トレーニング(本間 正人) - 問題解決力 - 専門家プロファイル

金指 善孝
ひらめきプラス研究所 代表
東京都
大人の学びコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【書評】「使える英語」トレーニング(本間 正人)

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 問題解決力
書評

こんにちは。

Kindle書籍「1日5分で身に付くデキる人の速読術」の著者金指(かなざし)善孝です。

 

Amazonレビューを更新いたしました。(ニックネームは「電子書籍学びコンシェルジュ」です)

参考にしていただければ幸いです。

 

英単語の覚え方のヒントが書かれています!

 

この本は横書きの本です。

大きく分けると3つの内容に分類できます。

1)英語のトレーニングに関する概念
2)独自の英単語記憶法
3)ビジネスに出やすい英単語と英語フレーズ
 
 
「英語力」ということばをよく使いますが、
実際に必要なのは何の英語力なのでしょうか?

この本にも書かれていますが、
多くの方は流暢な英語力よりも
「書類を英語でつくるスキル」
なのではないでしょうか?

実は、学校で身につけて語彙や文法知識は
大きなアドバンテージになるそうです。

日本人は英文法の学習に多くの
時間が割かれます。

諸外国の人に比べても実は
英文法の知識はかなりあるようです。

しかし、英語は「ことば」です。
わかない単語ばかりでは
読むことも聞くことも話すことも出来ないのです。

そこで、英単語力の強化は避けて
通れません。

英単語を補強するためには
・知らない単語を補強する
・「知っている」単語を「使える」レベルにする
・フレーズを丸覚えする

ことだそうです。

この方法は実感としてもとても理にかなっている
と思います。

フレーズに関しては、よく使うものに
関しては「丸覚え」も有効な手段なのです。
 
 
記憶法としては、著者独自の方法論が
説明されています。

発想は斬新だと思いますが、少し現実的な
覚え方ではないと思います。

タイトルと全体の構成にアンマッチ感が
ありますが、前半のロジックはとても
参考になると思います。
★は3個とさせていただきました。 

 

Amazonレビュー一覧はこちらからご覧いただけます。

 

このコラムに類似したコラム

【英語プレゼン】プレゼテーションはプレゼント 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/27 11:00)

ミドルの位置から打ち込むシュートの意義~企画提案は一つのきっかけの場である~ 田原 洋樹 - 人材育成コンサルタント(2013/10/05 15:54)

【書評】文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法(山口 拓朗) 金指 善孝 - 大人の学びコンサルタント(2013/07/01 07:00)

【書評】101英語の句動詞を学ぼう! 第1巻(スティーフェン ハリソン) 金指 善孝 - 大人の学びコンサルタント(2013/06/30 23:00)