若者の果実離れが加速することによって - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

若者の果実離れが加速することによって

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 今から30年以上も昔、当時わたしが仕事をしていた鶏卵問屋で、卵を納めていた精肉店経営者がこんなことを嘆いていました。「日本の若い人が歳をとったら、上質の和牛は食べなくなるのでは・・・」 当時、スーパーが安い輸入牛肉の販売を行い、マクドナルドがハンバーガーを全国で売り出した時期です。

 日ごろから食べものを食べる舌先の味覚を鍛えていないと、上質の肉もハンバーガーも、同じく感じるようになるのではと心配していました。現在、当時の若者たちは50代を迎える年代になっていますが、舌先の感覚はしっかり鍛えられ、上質和牛でもハンバーグでも同じと言う人はいません。

 「若者世代の果物離れが加速」と書かれた記事を読んで、昔の上質和牛の話を思い出しました。生鮮果実の購入量は、年間一人当たり1988年には34.4kgだったものが、2011年は27.1kgまで減少しています。特に、20代、30代の若者の減少が激しく、60代の半分の量といいます。

 果物の購入が減少した原因としては、皮を剥くとか、種を出すとか、「手間がかかる」ことをあげられます。反対に、ジュースや菓子などの果実加工品の購入は増加しています。また、酸味離れが進んでいて、グレープフルーツは売れなくなり、キウイやバナナが増加しています。

 商品の購入傾向が変化するとき、起業にとっては大きなチャンスです。果物の手間を省くことで、新たなお客さんを作ることが考えられます。また、ナイフで皮を剥く作業が苦手なことを逆手にとって、料理教室では包丁の使い方に慣れるための、トレーニングを行って生徒数を増やしています。

 ある年齢に達しますと、個人的に日ごろの自分の習慣を、見直すきっかけに出会うことがあります。運動がまったく苦手だった人が、ちょっとした運動のコツを知ることで虜になるようなケースです。生鮮果物を食べなかった人が、その美味しさに気付いたり、手間をかける楽しみを見出すことはよくあります。

 日ごろ、起業に向けてトレーニングをしていますと、この商品購入の変化は起業のきっかけや味方にすることができます。昔よく卵を納めていた精肉店は、ビルになって1階は牛丼店になっていました。お客さんの味覚は、和牛を食べなくなることはなかったですが、小さな商店街でモノを買う習慣の方がなくなりました。

【一言】
 社会が変化したり、お客さんの嗜好が変化することによって、昔ながらのお店が廃り、新しいお店がお客さんを集めるようになります。この変化がないと、大きな会社はいつまでも大きく、小企業はいつまでも小さなままです。起業では、この変化を上手く味方にすることによって、ビジネスを軌道に乗せ、お店を大きくすることが可能になります。

このコラムに類似したコラム

都知事も、経営を抜きに起業したことが問題に? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/10 20:45)

ママジョブ斎藤あや子のプチ起業・経営のコツ教えます!part1 斎藤 あや子 - ビジネススキル講師(2011/03/02 10:32)

金メダリスト 羽生選手の「悔しい」の一言 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/16 20:53)

起業家には欠かせない2つの視点 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/02 20:26)

危機が過ぎると忘れてしまう起業 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/09/16 21:18)