【書評】文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法(山口 拓朗) - 問題解決力 - 専門家プロファイル

金指 善孝
ひらめきプラス研究所 代表
東京都
大人の学びコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【書評】文章が変わると人生が変わる!文章力アップ33の方法(山口 拓朗)

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 問題解決力
書評

こんにちは。

Kindle書籍「1日5分で身に付くデキる人の速読術」の著者金指(かなざし)善孝です。

 

Amazonレビューを更新いたしました。(ニックネームは「電子書籍学びコンシェルジュ」です)

参考にしていただければ幸いです。

 

「 「シンプル」とはこういうことかも知れません・・・

 

もしかしたら、この本を読むと少し物足りなさを
感じるかも知れません。

恐らく昔の私ならそのように感じたことでしょう。

この本を読みながら数ヶ月前のある苦労した経験の
記憶がよみがえってきました。

約3ヶ月前のことです。
私自身が始めて執筆作業を開始したときの記憶です。

執筆は初体験です。特に、文章が得意だということもありません。

執筆を進めていくといろいろな問題に直面します。
その一つが「表現が回りくどくなる」という問題です。

一つの文章を1時間以上かけて磨き上げた経験もあるくらいです。

この本を読んでいると執筆の際にもがき
苦しんだときの記憶が脳裏に浮かびました。

今なら、ここに書いてある33の方法については
全くその通りだと理解できます。

「文章力」の本はどうしても途中で眠くなってしまう
ものです。

きっとこの本は読むだけだとあまり「記憶」に残らないでしょう。
書かれている内容はとてもシンプルだからです。

「シンプルイズベスト」ということばがあります。

この本の良さは「シンプル」なところだと感じました。
逆に言うと、「文章力」の本は回りくどい本が多いのです。

「知っていること出来ること」は違います。

ここに書かれている方法を体得するためには
少し工夫が必要かも知れません。

まずは、手を動かしながら読むということです。
つまり、【例文】が出てくるたびに実際に自分で手を動かして
みるのです。

そして、この本に書いてある「修正文」と自分が
書いた文章を見比べて、その差異を検討するのです。

文章を書くと無意識に「自分自身の癖」が
表現されてしまうものです。

そこで、「模範とすべき書き方」を参照しながら
文章を書くことが重要になるのです。

この33の項目を自分なりに加工して
活用することをオススメいたします。

具体的には、自分なりにパソコンに
ポイントのみを入力するのです。

それをA5の紙1枚にまとめるのです。

文章を書く際には常にそれを見えるところに
置きながら書くのです。

それだけで、きっと表現力が変わることでしょう。

書評(レビュー)についても言及があります。

私の場合は、独自のレビューをかなり意識しているので、
この本に書いてある方法とは異なります。

しかし、「抽象化」⇒「具体化」という考え方は
どんな文章を書く際にも役立つはずです。

この本は横書きですし、挿絵も挿入されていて
とても読みやすい本です。

ただ、特典のURLの差込頻度が多すぎて
少し違和感を感じてしまいました。
最初と最後に書けば十分だったのではないでしょうか。

内容的には多くの方の参考になる本だと思います。

例文の「量」と「質」をもう少し上げて欲しかった
と感じたので、総合的★4個とさせていただきます。

 

Amazonレビュー一覧はこちらからご覧いただけます。

 

このコラムに類似したコラム

【書評】世界最高ホテル「ザ・プラザ」 超一流の働き方(奥谷 啓介) 金指 善孝 - 大人の学びコンサルタント(2013/07/01 18:00)

【書評】都内ブックカフェ探索(ブックカフェで行う読書会運営事務局) 金指 善孝 - 大人の学びコンサルタント(2013/06/30 18:00)

【書評】60秒で女心をつかむデキる男になる方法(桜井結衣) 金指 善孝 - 大人の学びコンサルタント(2013/06/29 01:00)

【書評】売り上げを上げるのに最強のツールはやっぱり統計学だった!(村上知也) 金指 善孝 - 大人の学びコンサルタント(2013/06/29 00:00)