ソーシャルメディアと内定率の相関関係 ~その2 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

採用広報プランナー 白井 千絵
情報サイト「ソーカツTimes」編集長
採用コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ソーシャルメディアと内定率の相関関係 ~その2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
最新ニュース/トレンド

こんにちは。ソーカツタイムズ編集長の白井です。

前回、ご紹介したトレンド総研の「2012年 トレンドレポート 『ソー活」実態調査』」で、
もう一つ、注目した調査結果があります。

「勝負を分ける、Facebookの友達数!? 「友達200人」で内定率“+30%”」

---------------------------------

※トレンド総研「2012年 トレンドレポート 『ソー活」実態調査』」より

http://www.excite.co.jp/News/release/20121113/Prtimes_2012-11-13-3448-34.html

---------------------------------

注目すべきは、Facebook上の友だちの数が増えるにつれて、
内定率も上昇しているということ。さらに友だちの数が201人以上では、
内定率が88.1%で、ソーシャルメディアを就職活動に活用していない人と
比べると、その差は30ポイント以上と大きな差がついていることがわかります。

採用の現場で出てくるお話しのなかで、ソーシャルリテラシーの高い学生は
社会性があり、コミュニケーション能力が高いということ。ソーシャルメディアが
リアルと同じ、という話しが出てくるのは、こうした実体験に基づくことではないかと
思います。昨年度の調査ですが、とにかく興味深い内容になっています。

◆◇◆◇◆◇◆  こんなお悩みはありませんか? ◆◇◆◇◆◇◆

 ・ソーシャルリクルーティングを始めたい。

・Facebookを使って内定者の辞退を防ぎたい。

・担当者1人で運用が大変。何か良い方法はないか?

・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい  など

採用サイト・採用Facebookページの企画・制作・運用・導線計画についての

ご相談はこちらからお気軽にご連絡ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

>>>>お役に立ちましたら、是非シェアお願します。 Share (facebook)


このコラムに類似したコラム

「6割の学生が就活がホームページの情報が充実」と回答 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/09 10:00)

学生のエントリーはどこからが多い? 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/08 10:00)

Facebook採用は本当に効果があるの? ~その3 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/23 12:00)

「不採用の理由」に不足感を感じる就活生 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/25 10:00)

オンライン合同企業説明会「TOP CAREER Online合説」 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/16 09:00)