サブプライムと日本株式 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

須藤 利究
有限会社RIKYU・コンサルティング 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サブプライムと日本株式

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
サブプライム問題
今は、IFAの方は何を中心に資産運用を勧めているのでしょうか?

この所、日本株も14000円間近上昇、円も104円前後まで

円安になっています。

サブプライム問題は、アメリカの住宅価格の下げ止めが

条件だと思いますが、S&P社発表指数では前年対比1月は

▲11.8%

2月は13.6%1987年の調査開始以来の下げ幅を今年に

入って連続して更新しています。S&P社も指数の底をつける兆候は

ないといっています。

農林中金もサブプライム関連の損失2800億円計上するようですし、

日本株も安心できる状況ではないような気がします。

店頭にバターはないし、''オレンジはない''し、物は''高くなる一方''で

いやになりますね。

利究の本

「銀行に冷たくされたときの実践交渉術」

中小企業の経営者の方や財務担当の方には読んで

いただきたいなぁ〜と思います。