リノベーション 忘れていたあのドキドキ(後) - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

佐山 希人
佐山 希人
(建築家)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リノベーション 忘れていたあのドキドキ(後)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
リノベーション>リフォームを超えて リノベーション・・何ができる?

15~6年前だったか、ある建物に入った時のドキドキ、そしてワクワクした気持ちを

思い出しました。

 

渋谷区西原 というところに、確か、ハンスウエグナーのだったと思いますが、

家具のショールームがありました。

古い家を、改装したショールームでした。

外壁にツタがからんでいて( のような気がする )外から見て、古びていて

どうという事のない平屋の家でした。

中に入ったとたん・・・・

心臓がドキドキするような興奮を覚えました。

元々は住宅であったろうその家の間仕切りはほとんどなく

屋根の小屋組みが見えました。

家具のショールームなので、シンプルにまとめられたインテリアの効果もあって

その空間の美しさにワクワクしました。

もう本当は家具なんかどうでもよくて

小屋組みや、室内全体のデザインばかりが気になったのです。

北側の道路に面した窓から見える街路樹の緑、穏やかな光

古く くすんだ木造の軸組み、白く塗られた壁・・・・

( 簡易な(短期間の)ショールームだったのでしょう、、) 納まりなどは荒かったけれど

その 「 きれいすぎない 」 事がむしろ全体に調和していました。

「 ここに居られたらどんなに楽しいだろう。 」

そう思ったのです。

当時、リノベーション という言葉を知っていたかどうかは覚えていません。

でも私にとって、リノベーション というのは、

まさに 西原のショールムでの体験そのものだったのです。

 

特別でもない、ごく普通の家が、、古くて冴えない家が、、

ひとつの意志、ひとつの方向性 を持って改修された時、

その家は、それまで掛けられていた魔法を解かれたように

生き生きとし、美しくなる。

そして・・・・

そこで暮らす事がすごく楽しくなり、すごく自慢できるものになる。

それが リノベーション。

 

「 ひとつの意志、ひとつの方向性 」 とは

その家の 良さを見つけ、それを生かすように デザインする事

 

戸建て住宅でも、マンションでも、

そこを、ドキドキワクワクする家に、

住む事・暮す事が楽しくて自慢したくなる家に

作り変えてみませんか。。

(終)

-------------------------------------------------------------------

⇒ リノベーションの実例

⇒ リノベーションについて

 

家作りで一番大切な事は

「本当はこんな暮しがしたい」 

という 「 思い 」 です。

それは、改修工事 リノベーション リフォーム であっても同じです。

その思いを知り、育て、実現していく家作りをします。

志田茂建築設計事務所

新築住宅・注文住宅設計 住宅・マンションのリベーション・リフォーム設計

自然素材を中心にした木の家 小さな家:企画住宅LWH

 

このコラムに類似したコラム

自分に合うリフォーム会社はどのように見つければいいのか? 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2014/07/21 15:59)

パウダーイエローの写真~全部お見せします!? 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2014/07/01 12:00)

喜多俊之氏プロデュース RENOVETTA 東京会場 早乙女 明子 - 建築プロデューサー(2013/08/06 19:53)

リフォームって ほんとにいいですよね! 志田 茂 - 建築家(2013/07/05 21:11)

リノベーション:写真で見るビフォー・アフター 志田 茂 - 建築家(2013/07/04 17:57)