「相手軸な物語人」⑨拙著の読書感想を頂きました(その24) - 顧客満足・コンプライアンス研修全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸な物語人」⑨拙著の読書感想を頂きました(その24)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. 顧客満足・コンプライアンス研修全般



「結論、私自身もっと庖舗のパートナーさんへ日頃の感謝の気持ちが伝わるように、挨拶すること。そして、もっと耳を傾けるようと。」

毎回読ませていただいて思うのは・・・「物語コーポレーション」恐るべし!今日も、焼肉業態の幹部の方からのメッセージをご紹介します。

(以下本文)

おはようございます!
私も少し発信させていただきます。

昨年2012年9月より、現在の焼肉第一営業部が新たに発足しました。ちょうどこの月のエリア会議で「ありがとう」で日本一!を目指そうと店長たちとテーマを設けました。

あれから八ヶ月が経過した結果は?
お恥ずかしいですが、ほとんど達成できていないのが現状です。

ただ、頂いた本を読んで改めて気づきました。相手の立場に立つ、これって私自身できているのか?もっとできることはないか=実は不足してるんじゃないかって。

結論、私自身もっと庖舗のパートナーさんへ日頃の感謝の気持ちが伝わるように、挨拶すること。そして、もっと耳を傾けるようと。

たいしたことではありませんが、現在エリアの来期戦略を計画に落とすという作業に入っておりますが、あくまでも戦略。

これを成し遂げて「ありがとう」をお客機から「美昧しかった」でなく、「ありがとう」を頂くには、まずパートナーさんから「ありがとう」をもらい、店がその空気でいっぱいにならねばなりません。よって、環境の整備は無論、耳を傾けることで心のどこかで引っかかる何かを外してあげること、まずここから再スタートです!

エリアの店長様。
当然の当たり前ですが、耳を傾けるとは2人で、面と向かって話すことだけを差してはおりません。本にも具体的に記載されていますね。

はずかしながら私のこだわり不足で、徹底すること文化にすることが滞っているかと思います。ぜひ来期の計画に盛り込まれていることを期待しつつ、ここで披露くださいね。

(以上本文)

私も、ピシッと気持ちが引き締まりました!著者として恥ずかしくない「相手軸思考」を持ち続けたいと思います。ご感想を全員発信していただき、ありがとうございました。


焼肉きんぐのホームページはこちら↓↓


物語コーポレーションのホームページはこちら↓↓





いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「相手軸な物語人」⑭拙著の読書感想を頂きました(その29) 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/07/04 06:02)

「売れる専門家養成講座プレセミナー」第2回を開催致しました 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/06/30 17:50)

セクハラはなぜおこるのか 柳原 里枝子 - 研修講師(2011/05/04 12:36)

接遇診断コラム/感動を生む販売員の応対とは 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/10/07 10:26)

接遇診断コラム/お客様の心を掴む習慣とは 松岡 利恵子 - 研修講師(2013/08/05 08:47)