【七夕のテーブル】 - 料理・クッキング全般 - 専門家プロファイル

株式会社JFCS 取締役
東京都
フードコーディネーター
03-6914-9062
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【七夕のテーブル】

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理・クッキング全般
ジャパン・フードコーディネーター・スクール

七夕って何?

七月七日の七夕は、古くから行われている日本の伝統行事で、一年間の重要な節句

をあらわす五節句の一つにも数えられています。

願い事を書いた短冊や、七夕飾りを笹の葉につるした経験がある方も多いのでは

ないでしょうか。

天の川を隔てて輝く、わし座のアルタイル(彦星)と、こと座のベガ(織姫)が

一年に一度だけ会うことを許されたという伝説から、天の川や星を模した料理が

七夕には多いようです。

 

七夕の行事食について

七夕の行事食といえば、まずはじめに、素麺を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

実は、この素麺、ただ単に天の川を模しただけのものではないのです。

平安時代、七夕の節句では、小麦粉と米粉を練って縄の形にしたお菓子を食べる

風習がありました。

中国から伝来した行事食で、中国では「索餅(さくべい)もしくは、索麺(さくめん)」、

と呼ばれていたそうです。

それが、時代の移り変わりとともに、索麺から素麺(米粉は入っていませんが、

ほとんど同じ材料)へと変化したといわれています。

 

また、七夕飾りの代表ともいえる短冊ですが、これも昔は短冊ではなく、

「青、赤、黄、白、黒」の五色の糸を飾っていたといわれています。

このことも、七夕の素麺に色とりどりの麺がある由来ではないでしょうか。

 

七夕は、現在では七月七日、もしくは八月七日に行われている地域が多いようですが、

もともとは「旧暦」を基準とした「秋」の行事だったようです。

そのため、七夕には収穫を祝うという意味も込められていました。

日本では、その季節の初めにできた穀類、野菜、果実などを「初物」といい、

春夏秋冬の最初の時期に「初物」を供えて食べると、七十五日長生きするという言い伝えがあります。

現代の暦では夏にあたる七夕ですが、太陽の光をいっぱい浴びた旬のものを食べて、

暑さで失われがちな水分やビタミン・ミネラルをしっかり補給したいですね。

 

七夕のお供え物としては、梨や桃、十六ささげ、大豆、まくわ瓜、茄子、五色そうめん、

里芋、栗、スイカなどをお供えしているところが多いようです。

しかし、どうやら、ご家庭で採れた作物であれは、なんでもお供え物になるのだそう。

今年の七夕は、お供えに挑戦してみても楽しいかもしれませんね。

 

七夕のテーブル

ここからは、現代の七夕のテーブルについて、見ていきたいと思います。

七夕のテーブルをかざる料理といえば、やはり、圧倒的に素麺が多いようですが、

素麺も、普段食べているものとは異なり、夏野菜のきゅうりやトマト、星の形のおくらなど

を使った、いろどり豊かな素麺にすると、より七夕らしいですね。

 

また、七夕ゼリーということで、季節の果物をふんだんに使ったゼリーも夏らしく、

季節感が出ます。星の形にくり抜いた寒天を飾ったり、果物をサイダーに浮かべて

フルーツポンチにすると、清涼感も増します。

 

ちらし寿司なども、人気メニューです。七夕パーティーをするご家庭では、

取りやすいよう、カップ寿司や押し寿司にされてはいかがでしょうか。

 

また、いつもの食事も場所を変えるだけで、特別な日の食事となります。

庭にテーブルと椅子を並べて、星空の下で七夕を祝うというのも素敵ですね。

 

コーディネートの工夫としては、例えば、竹製のランチョンマットを敷いてみたり、

笹の葉を料理の盛り付けに使用してみるのはいかがでしょうか。ガラスの器を

使用することで、夏らしさも出てきます。

 

今年の七夕は、いつもの七夕に一工夫加えた七夕テーブルを、ぜひセッティングしてみてください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / フードコーディネーター)
株式会社JFCS 取締役

食にかかわるヒト・コト・モノをコーディネートします!

フードコーディネーターとして、料理教室の企画・運営、スタイリング・撮影業務、栄養カウンセリング、メニュー開発、商品開発に携わっています。ジャパンフードコーディネータースクール、Cooking studioおいしいのつくりかたの代表を務めています。

03-6914-9062
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ジャパン・フードコーディネーター・スクール」のコラム

【盛付けのポイント】(2013/06/26 13:06)

【基本の洋食スタイル】(2013/06/26 13:06)

【和食の基本は一汁三菜】(2013/06/26 13:06)

このコラムに類似したコラム

イタリアンメニュー最終日♪ 坂本 孝子 - 料理講師(2014/07/27 20:36)

春爛漫メニュー♪  今日のレッスンより・・。 坂本 孝子 - 料理講師(2013/03/07 17:26)

万能たれをつくりませんか? 千葉 真奈 - 料理講師(2013/02/01 19:46)

「幸せな食卓」の原点・・・My memory① 坂本 孝子 - 料理講師(2012/06/13 11:33)

おなかにやさしい「桃とリンゴのヨーグルトスムージー」 谷岡 康司 - 料理講師(2012/05/18 12:00)