【死ぬのはオレらだ】悩める若者へのレクチャー 3 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【死ぬのはオレらだ】悩める若者へのレクチャー 3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
建築的
大学生へ向けてのレクチャーで話したことの続きです。

【死ぬのはオレらだ】

はじめの図は、死んだひとの原因を、
世代ごとに示したものです。
 
15歳から39歳までの世代で、
自殺がなんと死因の1位です。
 
 
もうひとつの図は、
自殺者数の推移を示したグラフ、
 
近年、21世紀になってから、
自殺者が跳ね上がっていますね。
 
男女別を見てください。
増えたのはほとんど男性です。
 
 
つまり、
自殺で死ぬのはあなたです。
私も、です。
 
10年後も生きている、と断言できる自信が
ありますか?
-----------------------
 
あなたのまわりで、
自殺した人はいますか?
大雑把に計算してみると、
年間で4千人にひとりが、自殺してる、
…ということは、
 
もしあなたに知り合いが400人いれば、
10年間のうちに、ひとりは自殺する、
 
そのひとりがあなたかも知れない、
そういう割合です。
 
けっこうリアリティのある
ロシアンルーレットじゃないですか?
 
 
私のまわりでも、つい最近知り合いが自殺しました。
私にとっては初めてのこと。
 
その2ヶ月前に何度か会ってましたから、
うーん…何とも言えないモヤモヤが、
胸にずっと残りますね。
 
 
動機は聞いてないですが、
本人が「死んだ方が、生きてるよりマシ」と
最終的に判断したからですよね。
 
 
一生懸命に毎日を生きてたように見えたし、
笑顔のある人だったし、
素晴らしい才能を持っていたし、
 
それを認めてくれるひとも沢山いたし、
親切な仲間にもたくさん囲まれていたし、
なのに「死んだ方がマシ」。
 
なんでこんなに、
生きてく希望が持てない、
世の中になっているのか?
 
 
それは、『過去の人』たちが、
ソコかしこに枠組・システム・罠を、
張り巡らせてしまったからです。
 
私たちにとって、この社会は牢獄です。
 
-----------------------
 
自殺する理由というのは
主に2つしかありません。
 
『人間関係』か『カネ』か、です。
 
 
あなたが社会へ対しての特段の配慮せず、
素のまま生きようとすれば、
 
「それじゃダメだ、もっと上手になれ」と
親から、上司から、先生から、同僚・同級生から、
批判されるはずです。
 
うまくできなければ「人間として劣っている」と、
人格を攻撃され、
人間関係で疲弊していく。
 
牢獄の枠組みから出たいと願えば、
現代の命の糧であるカネを「与えないぞ」と
脅かされる。
 
 
「自由に生きようったって、
よほどの人でもなきゃ、稼げない、食っていけないよ」
 
こんな言葉を繰り返し聞かされて、
諦めるしか、なくなる。
 
-----------------------
 
こうやって並べてみると、
もう、あまりにも不自由で理不尽な世の中でしょ?
 
この状況を飲まなければ生きていけなくなる、
社会から殺される、だから飲むしかない、
 
って、これは明らかに脅迫です。
 
 
ピンときますか?
もしかすると、今までの成長過程を通して、
この社会を自動的に受け入れていれば、
 
突然そんなことを言われても、
「??」
かも知れません。
 
 
よく考えましょう、
自由を奪って、脅かして管理する、
これを、昔は奴隷と言いました。
 
身体の自由を奪って、
好きなように身動きできないようにします。
 
今は『心』の自由を奪って、やはり身動きできないようにし、
カネがもらえないぞと脅かして管理、
本質は何も変わっていません。
 
これを今は『社畜』と言います。
会社の家畜、社会の家畜、です。
 
 
-------------
 
今の日本を映し出しているのが、
この2枚のグラフでした。
 
 
じゃあ、どうすれば人間らしさ失わずに、
私達は自由に生きてていけるでしょう?
このガチガチに固められた世界で。
 
「枠組みを壊す」
そうですね、
奴隷解放運動はそうでした。
 
でも今は仕組がもっと巧妙です。
上の奴隷が下の奴隷を『自主的』に管理する。
 
もうここまで自動化されてたんですよ、
すごいですね。
集団の、集団による、
集団のための、自主規制。
 
 
だからね、もう、
「群れから離れろ!」
と私は言います。
 
(明日はいよいよ建築的な話しへ、続きます…)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム

このコラムに類似したコラム

【人の絆を育む家】-2 西島 正樹 - 建築家(2013/07/12 09:00)

「二世帯住宅」という考え方は日本人に向いているのか 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2013/01/08 17:21)

初めて勤めた事務所の上司と旅行 高安 重一 - 建築家(2012/07/22 02:14)

家造りに失敗する例1 福味 健治 - 建築家(2012/06/09 08:53)